アニマル横町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アニマル横町」の項目を執筆しています。

アニマル横町( - よこちょう)とは、前川涼による動物をテーマとしたオカルト漫画アニメアニ横アニマル横丁アニマル横丁へよ~こちょとも呼ばれる。

ストーリー[編集]

ある田舎町に引っ越してきた相撲漫画が大好きな少女あみちゃんが親に内緒で飼っている猛獣たちと遊ぶ物語。それでも、あみちゃんが一度も襲われないのは何故だろう(やっぱしつけがすごいからかな?)。

キャラクター[編集]

あみちゃん(松崎亜美)(声優江里夏
本作の主人公。動物はみんなペットであるという感覚であるため、ウサギ型幽霊、クマ、パンダといった猛獣を家の中で平気で飼うことができる。
一見すると普通の幼稚園児であるが、実年齢は10代20代、40代という説もある。)である。これは遊園地で犯行現場を目撃したので黒ずくめの男に毒薬を飲まされて体が縮んだためである。その後、阿笠博士の提案で松崎家に居候している。
父親はあの歌手で有名な松崎しげる
イヨ(声優:宍戸留美
ウサギ型の幽霊。様々な特殊能力が使える宇宙最強の生物。
見た目とは裏腹に、性格は非常に凶暴かつ変態。
が本体であり、正体を隠すためウサギのぬいぐるみに乗り移っている。ただし、脅迫する際はぬいぐるみから魂が抜けることがある。
魔女見習いの経験がある。呪文は「プルルンプルンファミファミファー」。
上述の通り、魔法が使え、魔法を使うと著しく体力を消耗するが、魔法を使わなくても普通に殺人光線を放ったり、対象を耳で切断したりできるので、実は魔法自体必要ない。
ケンタ(声優:永澤菜教
どっかの山奥に生息している本物のクマ。あみちゃんが拾ってきた変態という名の紳士
本物のクマなので普段は非常に凶暴(あみちゃんのしつけで何とかおさえている)だが、くーちゃんの前では何故かおとなしい。
好きな県は熊本県、好きな虫は熊ん蜂、飛び道具は熊手、趣味はくまなく探すこと。
登場人物の中では一番凶暴(本物のクマだしね)であるが、大人の事情により、イヨのいじめられっ子という設定にされてしまった。
くーちゃんはケンタを機械仕掛けの縫いぐるみだと思っているので、常に電池を挿れてある。
イッサ(声優:佐藤ゆうこ
あみちゃんが上野動物園から盗んできたパンダ(もちろん本物)。
小林一茶のファンで、辺土名一茶の遠縁。
ヤマナミさん(声優:堀内賢雄
よく競馬場から脱走してあみちゃんの部屋に侵入してくるサラブレッド
しかも彼が来る時に限って妙なアイテムが登場する。
くーちゃん(竹田久美子)(声優:福原香織
あみちゃんの親友で猛獣不法飼育同好会のメンバーでもあるため、幽霊やクマやパンダでは動揺しない。
口癖は「バルサミコ酢ぅ〜♪」である。日本バルサミコ酢普及研究会にも加盟。
埼玉の柊家に声と容姿が類似する少女が存在する。
光くん(松崎光太郎)(声優:大浦冬華
あみちゃんの子供(イッサに質問されてちがうと誤魔化した(嘘をついた)ため)。まだクマの本当の恐さを知らないため、平気でケンタになついている。
私生児と言う設定がテレビコードに触れるのでゲームにしか登場しない。

アニマル横町の概要[編集]

  • あみちゃんの部屋の机の引き出しから入れる(ドラえもんの策略という説も)。
  • あみちゃんの自宅の裏の井戸から入れる(犬夜叉の策略という説も)。
  • 様々な動物が暮らしているため、種族の間での弱肉強食が後を絶たない。そのため、シマウマの屍があちこちに散乱している事も多い。
  • なぜか在京5大キー局の民放が揃っている。
  • サークルKやローソン、ファミリーマートはあるが、セブンイレブンはない。
  • サザエさんアンチが多い。
  • 最近、ここの食品工場で産地偽装が発覚した。
  • しょっちゅうテロに巻き込まれる(笑)。
  • 町役場は路地裏での露店状態。昔はごく普通の役場だったが、財政再建団体に入ってからは空き店舗→倒壊寸前の空き家→公園の便所→駅の地下道と、どんどん質が下がっていった。

原作漫画[編集]

  • りぼん(髪に巻きつける方ではなく、少女漫画雑誌の方)で連載中。1か月に1回、登場人物の個人情報が漏れるため、登場人物側は近く提訴する方針だ(?)。

アニメ[編集]

2005年10月から1年間12chで放送されていたが、エクソシストの陰謀により乗っ取られてしまい放送不可能になる。


Natsuiro.jpg このアニメ「アニマル横町」はまだかんたん作画のままです。
作画修正をしていただけるスタッフを募集しています。 (Portal:スタブ)