アデレード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アデレード」の項目を執筆しています。

アデレード(英:Adelaide)は、オーストラリアの中南部、南オーストラリア州の州都。名前の由来はドイツ語で貴婦人を意味する。そのせいか移民もドイツ系が多い。

他のオーストラリアの都市とは一線の歴史を持った街[編集]

流刑囚の手で開墾されたオーストラリアの都市にあってアデレードは唯一の例外で最初から自由移民の植民地として計画された都市であった。それゆえなのか、もしくは貴婦人と命ぜられたせいなのか、現在のアデレード市民は皮肉にも最もオーストラリアで気位の高い街になってしまった。

オーストラリアの中にあっては文化芸術の都とされており、日本で言えば京都と相通じるものがあるといえる。京都同様、雅を重視するためか、現在ではオーストラリアの移住地では敬遠されやすく百万都市の中では最低の人口であり、噂では人口が減少しすでに切っているとも言われており、この点は北九州市と相通じる。いずれにしろ新参者が土足では入り込めない格式の高さを保っている街である。

アデレード時間[編集]

アデレードは通常なら世界標準時は日本と時差なしになるはずだったが、日本と一緒の時間帯を嫌ったのか、世界慣習を無視して日本より30分早く逆にシドニーやメルボルンとは30分遅い標準時にした。そのためアデレードの人達は30分差に慣れてしまい、約束の時間の30分前に待機する癖が出来ていると言われている。

時間にルーズだと言われてるオーストラリア人の中にあって例外的で、時間に厳しい日本人からみると好感を持つオーストラリア人はアデレードを中心とした南オーストラリア人である事が多い。ただし彼らより更に1時間30分遅いパースを始めとする西オーストラリア人とは時間の感覚が違いすぎ摩擦が絶えないと言われている。

シドニーやメルボルンとの確執[編集]

アデレードは文化と芸術の街で最もオーストラリアらしさを残すせいかシドニーメルボルンを移民で非オーストラリア的になった街だとか、ブリスベン同様、ゲイの街として見下す傾向があるといわれている。シドニーも最古の街だと銘打っても所詮流刑囚の手で作った街であると見ている。

またメルボルンはアデレード好例の行事だったカーレースを奪った事もあってシドニー以上にライバル意識を持ち、メルボルンの大都市化に備え、メルボルンのトラム(路面電車)を奪おうと画作する向きもある。アデレードとメルボルンやシドニーの関係を例えるなら正に京都と大阪東京の三角関係に似てると言えるだろう。因みにメルボルンからみると従来のライバルだったシドニーよりも距離的にアデレードの方が近い事は意外と知られていない。

日本での名声[編集]

日本も含め世界的知名度においてはシドニーやメルボルン、パースやゴールドコーストほど有名ではないものの、日本アニメの世界名作劇場を愛好する者なら、南の虹のルーシーの舞台になった所として知られている。しかしこのアデレードがアーデルハイドに連なり、その愛称がハイジで南の虹よりさかのぼる事8年前に同時間で放映されたアルプスの少女とも関連性があった事を知る者になるとほぼ皆無に近くなる。

関連項目[編集]

この項目「アデレード」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)