アダルトショップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
危険 危険: この項目は未成年者の閲覧に相応しくないので、未成年者は親に見つからないようにしてください。見つかった場合の責任は一切負いません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アダルトショップ」の項目を執筆しています。

アダルトショップとは、紳士淑女の憩いの場である。

概要[編集]

セールストークに勤しむアダルトショップの店員さん。

アダルトショップは、普段表だって陳列されない大人たちの楽しみを主な商材として扱う店舗であり、それを愛好する大人たちが憩う場所でもある。 基本的に未成年の入場は認められておらず、彼ら彼女らが紛れ込まないように店舗形式を擬装することが多い。また深夜時間帯限定の営業を行うことで、夜間行動時間が制限される未成年を閉め出すこともある。

取り扱う商品は多岐に上り、客数からは想像できないほど品揃えは豊富である。DVDだけ取ってみても、インターネット全盛であるにも関わらず大量の最新DVDが陳列されていたりする。これはセルメーカーと契約することで謂わばショールーム的な役割を担っているためである。書籍と同じく売れなければ返品する事も出来るため在庫を抱える心配はない。逆に絶版となったものを保存しておき資料として後日メーカーに渡す事もある。

その他オナニーグッズ出会い系テレフォンサービス用プリペイドカードなど、通い詰めても覚えきれないほどの御宝を扱う「大人のワンダーランド」、それがアダルトショップである。

主な取り扱い[編集]

DVD/BD
各種メーカーの様々なジャンルを扱い、店によっては中古品の買い取り/販売も行う。またよく探すとVHSやβビデオが眠っていることもある。
レンタルやネット配信に押されてはいるが、「御気に入りを手元に留め置きたい」という願望を持つ人々に支持され売上を維持している。
書籍
実写もマンガも選り取りみどり。雑誌の場合、バックナンバーが揃っている事もある。一気読みが出来て大変便利である。
「この世にこれ程の数の成年書籍があるのか」と圧倒されること請け合いである。
ジョークグッズ
…あくまで「ジョークグッズ」である。オナホールやエアダッチ、クリキャップやピンクローターは全てジョークグッズなのである。
人間の身体に個人差がある以上は相性があり、お気に入りを見つけるまで通い詰める客も少なくない[要出典]
ヘルスケア用品
コンドームローションなど、夜の生活を健やかにする為の必需品。これも欠かせない商材である。
地味だが無いと困るものであり、深夜営業のアダルトショップで買えると非常に心強い。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

取り扱えなくなったものの一例[編集]

「裏」全般
昔はアダルトショップの隅に裏本や裏ビデオがあったものだが、近年では法改正に伴い姿を消してしまった。
店によっては「裏は扱っていません」と張り紙をしていることも。世知辛い世の中である。
性的ドラッグ
危険ドラッグ」で検索してみるとわかるが、販売の隠れ蓑扱いされてしまい閉店に追い込まれる要因となったりもした。
シャブハメ、ダメ。絶対。
売るのも買うのも規制対象となるため、今は売買禁止。
「同じDVDへ伸ばした手が重なりドキッ」みたいな展開も恐らく無い。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]