アダルトアニメ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アダルトアニメ」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「アダルトアニメ」の記事を執筆しています。

アダルトアニメとは、成人男女を主力視聴者層とするアニメ作品を指す単語である。

概要[編集]

アニメーションの歴史と子供の存在は、切っても切れないものである。アニメーションの元祖となったのは17世紀の幻灯機であり、また1833年に導入されたフェナキストスコープは現在のループアニメーションの祖とも言える[要出典]。しかし技術は進んでも、アニメーションは娯楽以外での役割を持ちにくく[1]、娯楽体制の多様化によりアニメーションは「子供向けの娯楽」というスタンスに落ち着く事となる。その為内容的にも子供の喜ぶ要素を多く取り入れると共に、出資企業の販促を兼ねたものになっていった。

しかし戦後日本において、戦災による娯楽の貧窮化により不足し続ける娯楽コンテンツを補う為、元々は子供向けだったはずのアニメーションを大人に対しても間口を広げようとする動きが活性化していった[2]。その流れの中で、「社会に疲れた大人が観てこそ面白いアニメ作品」「大人が過去を思い返して気分をほぐすアニメ作品」が生まれていく。これが世に言うアダルトアニメである。

作品の傾向[編集]

アダルトアニメの傾向としては、「理想の○○生活」というものが良く見られる。例えば学園モノの場合、趣味をオープンにしたり異性と交流したりと「こんな生活がしたかった」という理想のロールモデルをなぞり、それに自己投影することで記憶を上書きし「楽しい青春を送った」と自意識を上向きに改善することで明日の仕事に耐えうるメンタルを養うのである。

また『らき☆すた』のように「特に何も起きない、ただ女の子が可愛いだけの雑談」を垂れ流す事で脳内デトックスを行うアダルトアニメも多い。子供向けであれば波乱が多い方がいいが、現実にうちひしがれ毎日毎日毎日毎日ため息まみれで生きる大人にとっては「何も起こらない、そこそこ幸せな日常」こそ宝物なのである[不要出典]。こういうアニメは気力を回復させ活力を生み出す為「萌えアニメ」とも呼ばれる[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 情報伝播の為には実写映像の方が好ましく、またコスト面からもアニメーションを主要情報機構として用いるのは難しかった
  2. ^ しかしこの動きはかなり緩やかであり、例えば『宇宙戦艦ヤマト』等を大人が観る場合「大人の鑑賞に耐えうる」というエクスキューズを必要としていた。

関連項目[編集]

この項目「アダルトアニメ」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。