アザラシ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、アザラシという動物について記述しているばい! あ晒しにつ・い・て・は「あああああああああ!」をCHECK IT OUT!! はい!!!

アザラシ(あざらし、海豹)とは、漢字が難しい魚みたいなそうではない生物であり、河川(かせん)の1級マスコットキャラクターである。

典型的なアザラシ

要項[編集]

河川の安全、災害の防止、ダム建設による巨額のカネなど、海や川には大きな役割がある。
しかし、生活排水やポイ捨てゴミうんこなどにより汚染されてしまうのが歴史上あきらかであり、人々は川の重要性を再認識し、大切に守り育てていくことが必要とされた。
だが、水道をひねれば水が出る時代に川の重要性は認識されにくく、教育現場でも問題となっていた。
そんな時、秋葉原でとあるオタクが「萌えマスコットとか、作ればいいんじゃね?」とアイディアを思いついたことから、川のマスコット・アザラシの物語が始まる。

マスコットとして[編集]

だが秋葉原のオタクはフィギュアの買いすぎでお金が全くなかったため、有名な画家にマスコットキャラクター製作を依頼することが出来なかった。
このオタクが変わりに生み出したロゴマークについてはここではふれないが、代案として川に何か珍しい動物を呼べば、観光客も集まり川を身近に思ってもらえる。
なによりタダで来てくれる、という事で招致活動が始まった。
この時、もっとも食欲豊富でかわいかったのが他でもなくアザラシである。
北海道には招致しなくても、ゼニガタアザラシが野良アザラシとして住み着いているが、水産庁および日本政府は海洋哺乳類は魚を食う為、その対処は「殺せ!」「奪え!」「焼き尽くせ!」をフレーズとしており、80年代にゼニガタアザラシが200頭に減った時、水産庁の担当は「奴等を根絶やしにしろ!」とコメントした。

各マスコットアザラシの歴史[編集]

ここには、全国の有名な河川に招待されたアザラシを紹介する。
いずれも全国規模での報道による知名度上昇と共にあふれんばかりのエサで激太りする例が目立つ。

タマちゃん[編集]

アゴヒゲアザラシのタマちゃんは東京多摩川のマスコットキャラクターである。
住民票は横浜市にあるが、税金などは納めていない。(特別マスコット免除)
2002年08月頃、初めて現れ、そのかわいらしい愛嬌たっぷりの姿に、世の中に疲れた人々は夢中。
生中継で全国放送されるなど、そのマスコットぶりはギネスブックに記録申請されたほどである。
タマちゃんにより日本は数千万円の経済効果を確認したというのだから凄い。
また、タマちゃんにへのインタビューによると、本人も食う物にも困らず、モテモテで大満足だったそうである。
2004年頃、いい加減ブームも去ったのでいつの間にか帰ってしまったようだ。

ツルちゃん[編集]

アゴヒゲアザラシのツルちゃんは2002年08月頃、鶴見川にあらわれるが外見がタマちゃんと似ていたことから
タマちゃん双子説やタマちゃんが嘘をついているなど、憶測を呼ぶ結果となり代表インタビューが行われたが。
「しらないラシ~」
とかわされてしまい真相は謎のままである。
この件に関して事情に詳しいパナウェーブ研究所は「電磁波などにより悪影響があるため、インタビューを中止すべき」と当時語っている。

ウタちゃん[編集]

2002年、宮城県の伊里前川に現れたワモンアザラシの子ども。
時代のブームに合わせてロリコン向けのマスコットとして招待されたと言われている。

カモちゃん[編集]

2004年 鴨川シーワールド付近の海岸に現れたゴマフアザラシ。
2005年にもまた帰ってくるなど、マスコットとしての見事な仕事ぶりは尊敬に値するものである。
近年、コミック「魔法先生ネギま!」または同シリーズに登場しているのではないかという噂があったが、担当者が確認したところ、これはカモくんであり、似てもにつかないオコジョの勘違いだと分かった。

ナカちゃん[編集]

2005年 タマちゃんのようなブームを! と関係者が期待する中、徳島県の那賀川に現れる。
タマちゃんと同じくアゴヒゲアザラシであり、さっそく那賀川町に町民として登録された。
同町は 2006年3月20日に市町合併により阿南市となったが、この事を事前に知らされていなかったナカちゃんは町が無くなってしまいどうして良いのか分からなくなりパニックに。
同年末に死亡が確認されるという最悪の結果を迎えてしまった。
これに伴い市長をはじめ、マスコット課には1日500件を超える怒りの電話が殺到。
給与カットなどを実施する事となったが、結果的に市税の節約となったのは、ナカちゃんのこころざしである、とする追いかけもいる。
現在、慰霊碑の建設が計画されているが、節約の心を無駄にしてはいけないとする反対派との間での議論が続いている。

オモちゃん[編集]

2007年3月 秋田市の雄物川に登場。
ゴマフアザラシと思われるが、現在マスコットはほぼ全て2次元に移行しているため、担当は
「海に帰るまでそっと見守ってあげてほしい」とコメントするなどさめた反応であり、今のところ市民に登録される動きなどはない。

コロちゃん[編集]

2003年頃? 北海道豊頃町に登場したゼニガタアザラシ。
2007年7月。このマスコットをけっ飛ばしたり犬に襲わせたりするエクストリームスポーツを開発していた女性が報復にあい噛まれた。
マスコットを大切にしないと罰を受けますから皆さん遠くから見て楽しむだけにしましょうね。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アザラシ」の項目を執筆しています。


この項目「アザラシ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)