アクエリアス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このアクエリアスは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アクエリアス」の項目を執筆しています。

アクエリアスとは、人類糖分を余分に摂取させるために開発された清涼飲料水である。ライバルはポカリスエット。グレープフルーツの味がする。

歴史[編集]

元はポカリスエットに対抗するために生まれたが、糖分をかなり多く含んでいるため飲みすぎると人類が見たことのないような症状が起きる。でも、なないし、生命危機ではないから、ただただ面白い人として思われる。芸人になるには必要な要素のひとつとして、松竹芸能はポイントの一つとしてあげている。発売されてからしばらくの間は、ポカリスエットの足元にも及ばないような売り上げだったが、CMで人気者を使うようになると、売り上げが倍増。現在、ポカリスエットまであと8251歩のところにまで追い上げている。一時期、酔っ払ったときに飲むと、冷静になれるとして話題になった。

ちなみにアクエリアスとポカリスエットの戦いは古く、一万年と二千年前から愛してる戦い続けている。

種類[編集]

アクエリアス
ポカリスエットの類似品である。
アクエリアス ビタミンガード
レモン味の新作。後味は悪い。糖分は相変わらず高い。
アクエリアス レモン
レモン味の旧作。ビタミンガードより性能は悪いが、糖分は変わらない。
アクエリアス アクティブダイエット
「歩くだけでいいんだ」というキャッチフレーズの詐欺商品。
アクエリアス ゼロ
カロリーゼロを売りにした新作。糖分が原材料表示から消えた。しかし、いまだに甘味料は入っている。
アクエリアス スパークリング
炭酸入りの新作。おそらく、飲んだ人のを溶かす事が目的で作られた。

未開発の作品[編集]

アクエリアス イオン
イオンウォーターに対抗するために開発された試作品。実力不足で失敗した。
アクエリアス オリンピック
シドニーオリンピックのために開発されたが、単純に不味いので発売されなかった。
アクエリアス プレミアムビタミン
発売開始から10年目を記念して開発されたが、不味いので発売されなかった。

長所・短所[編集]

  • 長所
  1. すばやい水分補給。
  2. カロリーオフ(糖分はたっぷり入っている)。
  3. 後味すっきり(これについてはいろいろ議論されている)。
  4. 美味、健康。
  • 短所
  1. 糖分の量がパネェ。
  2. ポカリスエットのほうが優れている。
  3. 無果汁。
  4. 後味が悪い(これについてはいろいろ議論されている)。
  5. 美味、健康。

課題[編集]

糖分を抑えることが今後の課題として挙げられる。あとは後味についての議論を早く終えること。後味が悪いときもあるし、いいときもあるのが気持ち悪いのだが、それがコカ・コーラ社のいい点である。そして、新しい味の新商品を早めに売り出さなければいけない。アクティブダイエットやビタミンガードだけではポカリスエットの勢いをとめることはできない。だからこそ、新商品の開発を急がねばならない。

関連項目[編集]


この項目「アクエリアス」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)