アガリクス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

アガリクス(Agaricus)とはキノコヒメマツタケの俗称。あがり症との因果関係があるとか無いとかで今日もきのこ業界でもめている。

概要[編集]

なんか新聞でやたらと目にする健康キノコ。実体はヒメマツタケ(ハラタケ科)の総称のことで、その中でもAgaricus blazei murril という品種には、βグルカンやビタミンなどが多く含まれているのでまー適当に食べている分には、健康にいいんじゃねえ?程度の商品。 これで、癌が治ったという文句の広告が載っているが、信憑性のうすい利用者からの口コミなどが羅列されたチラシなんかどうみても胡散臭い。これを配合した商品が●●●●●円というのは、とても割に合わない。所詮は悪質な商品である。民間療法に過ぎない。本当はここにその広告を載せてもいいのだが、その会社によってアンサイクロペディアのこの記事が荒らされるのを防ぐために載せていない。仙生露顆粒ゴ○ルドが、それだなんて、書きこんだりしないから、安心しな。メーカーさん。 ちなみに、上がり屑という、食べ物があるが、それとの関連はないようだ。

ちなみに、これを使用したアンサイクロペディアンは、以下のようなコメントを残した。


  • 「うめぇwwww」
  • 「キャハハハハハ。」
  • 「あれ、なんか・・・かゆい・・・」
  • 「いったい おれ どうな て」
  • 「かゆい
うま」

生態[編集]

形は男性のペニスに大変酷似している。そのため、女性の中には摂取ではなく自慰の目的で購入する顧客もいるようだ(1996年厚生省調べ)。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アガリクス」の項目を執筆しています。