アウターセックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セーファーセックス」の項目を執筆しています。
「スネーク、アウターヘブンに潜入し、最終兵器メタルギアを破壊せよ」
アウターセックス について、キャンベル大佐
「そうはいうがな、大佐、性欲をもてあます」
アウターセックス について、スネーク
「アウト、セーフ、ヨヨイのヨイ!」
アウターセックス について、伊予鉄道野球部

アウターセックスとは、どちらかというとアウト、あるいは、けっこうアウトなセックスのことである。

定義[編集]

政府関係者など特権階級のためセックススキャンダルを全部もみ消せる人々のセックスであるセーフセックス、もしくは、安全かもしれない、安全じゃないかもしれないけど誰も気にしないセーファーセックス以外のセックスを、アウターセックスもしくはアウトセックスと呼ぶ。

ここでのセックスには、性交類似行為(掘削、ペニスバンドや触手、やおい穴、女性の股間に生える魔法の棒の使用など)を含むことが多い。

「軽くマッタリ」「本番禁止なのでそれ以外」を定義に含めることについては異論があり、穴と棒の摩擦運動のみを狭義のセックスと定義する原理主義者と、身体接触全て含むとする包摂主義者の間で見解が分かれている。

通常は、既婚者が火遊びをする際などは、包摂主義者の見解に従っておくのが身のためである。

分類[編集]

完璧アウトなセックスはアウトセックス、どちらかというとアウトなものはアウターセックスと分類される。

実例[編集]

中出し[編集]

人生終了の儀式を行ったあとのカップルではほぼ問題なく、人口増加に貢献する結果となる。しかし、トメさんという名前の女性にもし妹や弟がいれば、いまは亡きご先祖様らによる無計画なアウターセックスが行われていたことを意味することが多い。自民党の公式見解によれば、お金を持っていなければ、人生終了の儀式をするべきではなくさっさと人生終了してほしいとのこと。この公式見解発表直後に総選挙が行われ、結果はお察し下さい

股間の魔改造を行っている場合は、人口増加にはつながらないが、抗ウィルス剤の売り上げアップに貢献する結果となるかもしれない。雄交尾の場合については下記「種付け」を参照のこと。

大きな駅では「中出」と書かれた信号機を見ることがあるかもしれない。この信号機は大抵は赤信号となっていて注射禁止を意味する。本番行為そのものについては、「本出」などと書かれた信号機が青になっていて、ゴムなどを使えば出してもいいことを示している。

家庭用としても販売されているが、赤や青などわかりやすい表示ではなく四桁の数字が出るだけであり、数字が微妙に大きくなった日の前後計1週間くらいが赤信号を意味するようになっている。

爆発物[編集]

ヤンデレを楽しみたい方々以外が、ヤンデレとおぼしき人物とセックスすることもアウト、あるいは比較的アウトな行為とされている。地雷は踏むと必ずすぐに爆発するとは限らず、定年退職ごろ子どもが全員独立したあとに爆発する例もある。リスクを考慮した上で、賢明に勢いでやっちゃって、気づいたら朝隣で一緒に寝てるのが望ましい。

日本では、地雷制限条約の批准により、自衛隊での貴重な婦人自衛官型地雷の使用が改めて禁止されたが、民間ではあいかわらず地雷の使用・運搬・販売が野放しとなっている。

ちんことまんこのプラトニックなんとか[編集]

検閲により削除

青カン[編集]

かつては、アウトセックスはこの行為のみを指していた。青空の下さわやかにDQNが繁殖を行う、野生の恋の季節。しかし大抵は青空ではなく真っ暗になってからこっそり公園やビーチで行うことが多い。DQNの繁殖地では、しばしばゴムが公園などに散乱しており、ゴムを使うからセーフだとする意見もあるが、そういう問題ではないのだよ。天敵は、ソニーのビデオカメラや、近所の農家のおじちゃんおばちゃんなど。

雄交尾種付[編集]

種付け、もしくはバックと呼ぶ。男同士の際は、種付けと同じような体位でないとぴーが届かないことに由来する。でもプロなら不可能じゃないらしいよ。一部の女性は、ほかの姿勢も可能だと主張しており、対面正常位に挑戦した勇気ある男性タチのうち一部は悲惨な事故を起こし整形外科病棟のご厄介になったという。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

性の楽園[編集]

世界のどこかには性の楽園が存在するとされ、アウターヘブンと呼ばれる。

性欲をもてあました人々が多数ひしめいており、どんなアウトな部類のセックスをしても問題なく、中出しも病気も気にせずエロエロ楽しめるという。

近年では、殉教者になればここに行けるとの都市伝説が広まり、ナノマシンを体内に注入してとりかえしのつかないことになる者が急増しているという。