もうりょう (列車)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「りょうもう」の項目を執筆しています。

もうりょうは、東部鉄道が、浅草駅新大間々駅間を、東部伊勢崎線桐生線経由で運行する特急列車の愛称である。

概要[編集]

都心浅草群馬県を結ぶビジネス特急として活躍する百鬼夜行列車である。特に北関東お化けが多く利用しており、ライバルである超能線高崎線と激しい競争を繰り広げている。どうやら死神も利用しているらしい。北関東でお化け?それってもっけじゃん。途中停車駅は、ほぼ直角なカーブを曲がり、限界まで速度を落とす浅草駅、駅名がくそだs検閲により削除とうきょうスカイツリー駅、重要な駅北千住駅、これまたXXXXXでだs検閲により削除東武動物公園駅、階段が混んで乗り換えに時間を取られやすい久喜駅グンマーの東の都市(?)の館林駅、足利駅から離れている足利市駅、本数は少ないけど無駄に高架駅である太田駅、温泉のある藪塚駅、桐生駅からは遠い新桐生駅相生駅と区別するためにわざわざこの名前にした相老駅、赤城山はよく見えない赤城駅である。羽生駅加須駅に停車するやつもいるが、それらの駅での乗降客は0人である。また、伊勢崎駅葛生駅行きも1本だけある。

使用車両[編集]

200系特急車が専用編成として用いられる。

東部鉄道は以前から国鉄63系→東部7300系、東部78系→東部5050系など数々の魔改造により車両不足を補ってきた。

今回も例外ではなく、東部1700系(ぞぬ電)の電装品に国鉄200系(・○・)の車体を組み合わせた魔改造が行われている。

さらに細かく分けると初期車は200系の初期型の車体、後期車はそれの後期型の車体をもっているが容易に判別できる。なぜなら、初期と後期じゃ車体は全く別物なのだから。

完全なる新装車250系も用いられている。なおこの列車のみ東武30000系と同じ足回りだが誰も気にしない。

外部リンク[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「りょうもう (列車)」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)