やるときはやるから

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「やるときはやるから」は何故か「やる時はやる」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「やるときはやるから」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

やるときはやるからとは、根拠の無い自信を保つために、実績無い者が主に使うせりふに使用されることが多く、その場合、言い訳の一種である。類似した言葉に「やれば出来る」等がある。言語学上「あすなろ言葉」に分類される。

あすなろ言葉的用法[編集]

1990年代までは、「やるときはやるから」は、部活動や学業の成績の振るわない中高生が用いることが多かったため、中二病の発症例の一つとも見なされていたこともあった。しかし近年では、成人になってもフリーターやニート等、定職を持たない理由としても頻繁に使われる言葉となったため、中二病には分類されていない。フリーターニートが中二病を脱し切れていないという反論もされているが、主説とはなっていない。

「…俺、やるときはやるから」と3点リーダーの後、第一人称で使用した場合には、その後に「だから今はやってなくてもいいんだよ」という言い訳が自然と込められている。本当に今後、行動や成果が伴うという根拠はなんら無いのに、実現性の薄い自分の将来を想定した、希望的観測を根拠とした言い訳であるため「あすなろ言葉」に分類されている。

「あすなろ言葉」全般に言えることだが、それ以上は暗黙の了解で触れないことになっている。本当に触れると、ナイフを持ちだしたり、☆×☆になったり、荒らし行為を繰り返し投稿ブロックの対象にさえなりかねないからである。

派出した言葉に「やろうと思えばやれるけど」などがある。

非あすなろ言葉的用法[編集]

具体的な行動や成果を少し出した際に「俺も、やるときはやるから♪」と、音符記号や、星記号が後について用いる場合は、非常に前向きな状態であり、周囲もそれまでの苦労もホッと癒された状態になる。また、希望的観測という前提による言葉では無くなる為「あすなろ言葉」でも無くなる。

ただし、この前向きの用法であっても、その後、残念な結果に終ることが容易に予測できる。なぜならば、このせりふを使っている段階で、少し前まではダメだった事を物語っている。ということは、現段階の好調状態が続いて、本物になれるようなら、最初からやってるってこと。

でもそこに触れてはいけない。そこは誰も気にしないフリをしてあげて下さい!せっかく一応やる気になっているのですから。それでもあえてだって?・・・だから言ってるでしょ、それであえて問題点を指摘すると、ふてくされたり、ナイフを持ち出したり、荒らし行為を繰り返し投稿ブロックの対象になるからだって。見逃してあげるのもやさしさよ♪それにどうせ、勝手に諦めたりするんだから、変に逆恨みされるのも損でしょ♪千に三つで上手く行ったらいいじゃない。

問題は残念な結果に終わり、自分でも「やろうとしてもやれない」ことに気づいたとき。「やるときはやる」が言い訳として成立しないことになるからであり、より一層深い底「やっても仕方ないから」に一気に落ち込む場合がある。そうならないためには、周囲の温かいサポートが必要である。

やれば出来る[編集]

類似した言葉に「やれば出来る」がある。これも意味が似ており「あすなろ言葉」でもある。しかし、第二人称や第三人称で用いるほうが日本語として自然である。「あんたは、やれば出来る子なんだから」と母親が子どもに発破を掛ける場合に使用する例が最も多い。(って、読んでる貴方も言われたことあるでしょ)

または、三人称で「あの子は、やれば出来る子なんです」と先生とかに母親が言うお決まりの言葉になる。ただし、この用法も特に根拠が無く、意味不明なので、使用者の見識が疑われるだけの可能性もあるので使用時には充分気をつける事。

音楽への応用[編集]

ちょうどこの言葉が広まりだした1992年には、SMAPがこの言葉にインスパイアされて、シングルCDやるときはやるからを発表している。この言葉が流行するのに一定程度の影響を与えた。

しかし、この曲の内容に適した中居が歌った。案の定「あすなろ」な歌唱力であったため、歌番組やライブ等で数回歌ったのみで、現在ではこの曲はSMAPの黒歴史とされている。当然アルバムには収録されず、現在では聴くことはできず、ネット上で歌詞が起こされているのみである。メロディーは歌い手の歌唱力が問題があったため、書き起こすのは不可能で、分かっているのは歌詞のみである。

関連項目[編集]

…まぁこの記事の執筆者もやるときはやるから、このページを秀逸な記事にも本気出せばできるけど、他の方にも手柄を譲るから、後は適当に書いて。