やしきたかじん (関東視点)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
即時削除
こんな糞記事はとっとと削除しちまえ! こんなもん二度と作んじゃねぇぞ!!

このページは即時削除の方針に従い、このままだと削除されるでしょう、多分

理由:非有名一般人の記事

もしこのページの削除に納得できないならば、アンサイクロペディアは何でないかあたりについてもう一度考え直し、記事に面白おかしく改造手術を施した上でこのテンプレートを取り除いてください。勝手に取り除くとこわい人怒られちゃうかも。

管理者へ - 削除の前にはリンク元履歴のチェックをお願いします。

この方は死んだと思うよ?たぶん
うん、テレビでも見ないし、ニュースでも全然見ないし、ここまで誰も話題にしてないということは、とっくに死んでるんじゃないかな?うん、間違いないよ。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「やしきたかじん (関東視点)」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「やしきたかじん」の項目を執筆しています。

やしき たかじん1949年10月5日 - 不明、本名: 家鋪隆仁)は、日本の……無名芸人?大阪府出身だというのは確か。

人物[編集]

昔、何が偉くてそんなことが言えるのかわからないが、テレビに出るたびに東京を中心とした関東の批判ばっかりやってた人。その批判とは反比例するかのように関西、特に大阪について持ち上げていたので、たぶん大阪民国右翼関係者と思われる。昔、テレビでみた人の意見をまとめるとたぶんぴーではないか、という見識で一致している。

近年はテレビでもラジオでも雑誌でも新聞でも彼の話題をまったく見かけない。無名芸人だからに決まってる。特にテレビ、ラジオでまったく話題にならないということは、すでにたかじんは死んでいるから、ということであると、一般大衆の見解は一致している。

結局、彼がどういう職業で、どういう経歴で、どういう活動をしていたか、まったく知りようがなくなっている。たぶん、普通の一般人だったからわからないのだろう。

2014年1月に同名の人物が死去した、というニュースが流れているが、たぶんこの人とは違うのだろう。所在の知れない大阪のヤクザが一人死んだぐらいでニュースにする暇なマスコミは世界中探したってあるわけがない。

東京批判・大阪賛美[編集]

昔、たかじんが語っていた東京批判・大阪賛美は以下のようものである。ちなみに、これらは昔彼と仕事で関わっていたテレビ関係者のコメントを総括したものである。

  • 東京人は三国人以下の下劣で野蛮で無礼な人種だ
  • 東京なんて消えてなくなれ
  • 東京の名の付くものは156パーセントひどいものだ
  • 大阪人は世界でもっとも優秀な人種だ
  • 大阪民国は神の国だ

このように根拠がまったくない主張を延々としゃべりまくるのが彼のスタイルである。

とは言うものの、たかじんも昔東京のテレビにレギュラーで出演していたこともある。そのため、たかじんの東京批判は、東京での争いに敗れた落ちこぼれの単なるひがみだ、という意見が多い。

たかじん都市伝説[編集]

たかじんに関して、多くのうわさ話があるが、ほとんどはデマであり、都市伝説と化している。

たかじんは歌手である[編集]

歌手だという噂がある。

しかし、テレビでもラジオでも歌っているのを聞いたことがないので、たぶんデマだと思われる。そもそもあんな顔の人が歌がうまいわけがない。もしかしたら、円広志と勘違いしている人が多いものと思われる。

たかじんは大阪のスターである[編集]

たかじん、大阪のテレビやラジオで長年レギュラー番組をもつ人気スターであり、過激な毒舌トークが大人気、との話が特に関西人から聞かれることがある。

そんな訳がない。あんなぴーな人間がスターなわけがない。少なくとも関西以外の人間からそんな話はまったく聞かれないのがその証拠である。たぶん、関西人独特のギャグであろう。

近年、「東京都と隣接する山梨県でやしきたかじんが毎週テレビに出ている」という噂を聞きつけた東京の調査員が検証に出向いたという話がある。確かに番組名は「たかじんのそこまで言って委員会」という、たかじんの冠がついている番組名であり、たかじんを模したと思われるCGなどが映しだされていたのだが、司会進行を務めていたのがやしきたかじんとはにても似つかぬつるっパゲのおっさんであったため、結局「デマである」との結論が下された。

たかじんは在日コリアン(2世)だ[編集]

彼は生前に、出自をあまり語りたがらないらしい。足がデカイ事と男くさい事で、 和田アキ子と良く比較される。

たかじんは近年東京の番組に出た[編集]

2004年フジテレビ細木数子の番組に出演し、しかも歌を歌ったという目撃情報がある。

たかじんはこの頃にはもう死んでいるはずなので、たぶん「私は霊媒師なのよ!」と主張し、を呼び寄せたと思われる。しかし、細木自身があまりにもアレなので、信憑性はまったくもって検閲により削除。たぶんこれも一部の誤情報から発展した都市伝説だろう。

しかし2011年に再びフジテレビで目撃情報が寄せられた。しかも今度はあの「めちゃ×2イケてるッ!で目撃した、という話である。これについては現在検証中であるが、お約束演出大好きのめちゃイケだからきっとこれも都市伝説に違いないであろう。

たかじんはガンダムの主題歌を歌っていた[編集]

ガンダムの映画三部作の1作目『機動戦士ガンダム』の主題歌『砂の十字架』(ちなみに作詞・作曲は谷村新司)を歌っていたと言うのだ。

嘘もたいがいにしてほしい。いくらサンライズがあの当時血迷っていたとしても、あんなぴーな人間に歌わせるなんて、XXXXXな行動は絶対にしないはずだ。たぶん、他の誰かと勘違いしていると思われる。なお、上記の関西人の情報からでも、たかじんがこの件について語ったということを聞いた人は誰もいないとのこと。

関連項目[編集]


Hito.png この項目「やしきたかじん (関東視点)」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)