ものまねタレント

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ものまねタレントは、自分にどこかが似ている有名人が偶然いたラッキーな人達の総称。

概要[編集]

著名人の『真似』をすることで給料を貰い、生計を立てている人たちの事をものまねタレントという…と言うのが世間的には普通である。しかし、実際彼らは真似をしているのではなく、適当に出した声色、もしくは動きや顔に似ている人に有名人がいた、幸運(ある意味で不運)な人間のことを言う。世の中には似ている人間が3人はいると言うが、自分に似ている他の2人のどちらか、もしくはどちらもが有名人であってくれただけのことである。よって、ものまねを競い合うテレビ番組などでものまねタレントたちが登場したり歌を歌った際に「おぉ~」と感嘆の声を上げるのは大きな間違いだということがわかる[不要出典]あなただって似ている芸能人や著名人がいれば有名になっていたかもしれないのだから。本物のおかげで自分にも金が入る。何とも美味しい話である。

存在意義[編集]

他人のものまねをすることで笑いを取る「ものまね芸人」であれば、本物とのギャップを楽しむことも出来、非常に有意義な存在だと言える。しかし、ものまねタレントはどうだろうか。元から似ているにも拘らず、さらに似せようとしていることで本人との違いが殆どなくなってしまうのである。するとどうだろう。いや、普通に本物を見るでしょ。あまりに似すぎてしまうとそのタレントを見る意味が全く無くなってしまうのである。彼らは飽く迄世間からは「本人のコピー」としか見られない。美空ひばりの声が聴きたいのなら、CDないしレコードを聴けば良い話。わざわざものまねタレントで代役を済まそうなどとは思わないのが現実だろう。本人あってのものまねタレント。みんな同じ制服、声を合わせて校歌斉唱、周りと同じでなければ叱られ、出る杭は打たれる。個人が尊重されないと言う面では日本の教育とよく似ている。自分が自分ではない世界。考えてみれば哀しい話である。

結論[編集]

世界に一人だけの貴方だから…。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ものまねタレント」の項目を執筆しています。


この項目「ものまねタレント」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)