めっき

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「めっき」の項目を執筆しています。

めっき鍍金、plating)とは、表面を覆い隠しごまかすことである。

概要[編集]

メッキとは、表面を覆い中身を隠し見栄えを少しでも良くしようとする努力の結晶である。 古来より奈良の大仏など見た目を重視するものに多く使われてきた。現代でもオリンピックのメダルなど見栄えや形に比べ中身はどうでもいいものに広く利用されている。主に金属に使用されているが実は他にもいろいろなものにメッキは行われている。

めっきが剥がれることを地金が出るともいう。例え地が金属で出来ていなくとも、地金と呼ばれる。

メッキの方法[編集]

がんばってメッキしたい金属をDHMOに溶かす。あとはメッキしたいものを浸けて電気を流すだけ。実に簡単である。 このとき感電に注意することを忘れずに。また、DHMOによる中毒にも注意すること。

金属へのメッキ[編集]

などの見た目が安っぽい金属の上に他の金属をメッキすることでその金属でできているように見せることができる。例を挙げるならをメッキすることで、金や銀でできているように見える。現在、金、銀、プラチナなど貴金属でできているものはほぼすべてメッキにより作られている。 また、高額なおもちゃに使われているブリキもメッキによって作られたもので、鉄にスズをメッキしたものである。某鑑定番組でブリキのおもちゃに高値がつくのも未だに多くの自称鑑定士が騙され続けていることの証でもある。

人間へのメッキ[編集]

金メッキ済み

化粧のことではない。人間の皮膚に直接金属をめっきすることである。 この方法を一般に広く知らしめたのが、かの有名なスターウォーズである。スターウォーズの中のキャラクターであるC-3POは、全身金メッキという衝撃的な姿で登場した。一世を風靡したが、電気を直接人間へ流すことや、金属を皮膚につけることがら人体への影響が叫ばれ現在では禁止されている。

自然へのメッキ[編集]

主に中国で行われている。山に緑を塗装して見事に緑化を成功させた中国であったが川に塗装を施すことはできなかった。 しかし、偶然に工場排水に電気が流れた時、川は今までにない色彩を放った。その自然に存在しない神秘的な色合いは見る人を魅了し、流行が起こった。 すぐさま全土に広がり、今では七色の川として有名となりつつある。

関連項目[編集]


日本人の方へ。
この項目「めっき」はみんな加筆・修正してるみたいですよ。あなたも執筆したらどうですか?
(Portal:スタブ)