みよし市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「みよし市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「みよし市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「みよし市」の項目を執筆しています。

みよし市(みよしし)は、名古屋共和国のぎりぎり西三河地方にある市である。

概要[編集]

人口は6万人で、市としては大してすごくはない数である。ただ、歌志内市の13倍の人口と言ったらすごいように聞こえる。なぜそれがすごいのかといえば、最近まで三好負け組と呼ばれる、ただの田舎町だったからである。そこからみよし市は這い上がってきたのだ。なぜ這い上がれたかというと、長らく人口の多い町としてその名を轟かせて来たことにくわえ、全国的な市町村合併ブームなどで次々と市が誕生したことに影響されたが、むしろ尾張県の東浦町の市制計画が影響していることが大きい。ついに2010年1月、市への移行を果たしたのである。

しかし、もともと負け組であったがために、市制施行に至るまでには多大な困難を極めた。町だったころは『三好町』と漢字で表記されており、単純に考えれば『三好市』となるはずだった。しかし、先に市制を敷いた徳島県三好市と同じ表記になることから、徳島県の三好市から「同じ漢字の市は一つだけにしろ!」というしきたりを盾に、『三好』市名を拒否された。ならば、『城』の「いわ」の字を修正して『城平』に変更した鳥居忠政に倣って、『三』の「よし」の字を変更すれば好い(例:三、三)物を、ゆとり頭の行政屋のせいでひらがなの『みよし市』に変更されてしまった。

名古屋市豊田市という二つの大都市にも挟まれ、ベッドタウンとしての役割も担っている。

ただ、市がなんとか「みよし市」として存在感を確保したいという思いとは裏腹に、市内には名古屋刑務所や愛知大学名古屋キャンパスなど、名古屋市に接していないのに「名古屋」を名乗っている施設があり、頭を悩ませている。今後これらの施設に「みよし」を名乗らせるかどうかは不明。

特徴的なのは何と言っても、行政区のグループ名である。きたよし、なかよし、みなよしという幼稚な名前をつけているのである。

教育施設[編集]

みよし市は学園都市とも呼ばれている。理由としては、市内には大学2校、専門学校2校、高等学校1校、中学校4校、小学校8校、特別支援学校1校、計18校と面積の割にはかなり多い印象がある。教育に対しては他の市に劣らず熱心である。ただ、大学の数では日進市などの周辺自治体に負けており、学園都市を名乗るにはまだまだである。

交通機関[編集]

交通機関は充実している。市の北の方には名鉄豊田線が通っており、しかも三好ヶ丘駅は有人駅である。ただし、それだけである。最近では市営バスも運行しているが焼け石に水である。

トヨタ自動車の工場がある影響で、他の愛知県の自治体の例に漏れず、重度の車社会である。

東名高速道路はかつて通過するだけだったが、いろいろあって1993年に東名三好ICができ、みよし市からでも高速道路に入れるようになる。しかし、開通から約10年経っても周辺にはほとんど建物はなく、ICへつながる道の周りはまさに殺風景で、走っていても生きている心地がしなかった。最近になってやっとスーパーなどが出店するようになってきたが、まだ寂しい印象を払拭できるまでには至っていない。

関連項目[編集]

以下は人口の多い町村である。()内は、ベッドタウンの場所。


この項目「みよし市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)