みずのまこと

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

みずのまことは、日本の成人向け漫画家同人誌作家としての顔をもつ。

かつて、「涼宮ハルヒの憂鬱」の同人漫画をかいていたことで世では知られている。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「みずのまこと」の項目を執筆しています。

現在では、アダルトゲームの原画書きが主流となっており、漫画家としての顔は「ハルヒ」の漫画以来ほとんど見せていない。しかし、その同人漫画が余りにもアレな意味で伝説に残りそうなものであったため、今日に至るまで語り継がれている。

彼が「ハルヒ」の漫画作品を発表したのは2004年のこと。当時、この作品群はスニーカー大賞を受賞したということでライトノベル系のファンには知られていたが、一般にはまださほど認知度があったとはいえない状態であった。そのためみずのは、原作の評価が固まっているこの作品を漫画化すれば、大成できるのではないかと目論み、同年はじめ頃から同人漫画として「ハルヒ」のそれをかき始めたといわれている。

しかし大人の事情があったのか、同年中にその執筆を辞めてしまった。そのため彼の漫画は書籍となったものが1巻作られただけで、未掲載話も残されたまま終了という、中途半端な最期を迎えることとなってしまったのである。そしてこの作品は世でも忘れ去られ、しばらくの時が過ぎた。

2006年、「ハルヒ」のアニメ化が実施されるが、これに伴って作品全体の認知度が高まったことから、初期の同人作品かつ幻の漫画となっていた彼の作品に対しても、再び注目される動きが生じた。しかし、まもなくその動きは鎮静化してしまったという。

そして今日では、彼のこの作品についてまた積極的に顧みようという動きは生じていない。

漫画「ハルヒ」の概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「涼宮ハルヒシリーズ」の項目を執筆しています。

さて、肝心となる同人漫画としての彼の作品であるが、特徴としてとにかく作品展開の早い事が挙げられる。

たとえば主人公のキョンハルヒのコミュニケーションシーンはほとんど省略され、市内散策等での長門に関する逸話も多く省略、キョンがハルヒと閉鎖空間に閉じ込められる箇所も省略…と、あくまでも作品の内容には深く踏み込まず、上書きをなぞっただけに終始している。このため、世に知られるようになった後、原作愛好者の人からは好意的ではない意見も多く寄せられたというが、その点は「あくまでも同人なので」ということでスルーされた。

また作画については、今日の同人作品にすら劣っているのではないかという批判的意見がある一方で、今日の公式漫画であるツガノガクのそれよりもいいのではないかという、好意的意見も少なからず存在する。ただ、アニメ愛好者からはほとんど好意的な意見は寄せられなかったという話もある。

なお、2006年ごろになってようやく顧みられることになった作品であるため、十分な資料が存在しておらず、よってネット上では数多くのデマ情報が語られている。たとえば「これは角川書店が初めのうちは認めた公式作品である」とか、「原作者の谷川流やイラスト作家のいとうのいぢがコメントを巻末に載せた」などというものである。これらは作品のファンや出版業界に詳しいものなら誰でも知っているようなデマなので、信じてはならない。