まさに外道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
まさに外道!!!

まさに外道(-げどう)とは、人の内面にある邪なる心を極める芸道である。

概要[編集]

この芸道は、相手に不快感を、あるいは相手を怒らせることによって初めて「まさに外道」として認識される。 より広範囲の世代に通用するほど、より多くの状況下において自然な発言になるほど、より強い不快感や怒りを誘発できるものほど、必然的に高い評価を得られる。

また、「まさに外道」には、柔道剣道といったものと同様に「」という漢字が付いている。これは柔道や剣道と同様、極めることで自分の心を最大限まで磨くことができるということである。 入門し立てのころには空気が読めなかったり、緊張したりしていて意味不明な発言などをしてしまうことが多いが、多数の実践を積んだ師範代では、どんな状況下であろうと「まさに外道」的な言葉を巧みに操ることが出来る。

「赤さん」の存在[編集]

まさに外道では、喋る者は必ず「赤さん」と呼ばれる人物の面を着用しなければならない。この面の着用中は何を喋っても良いのである。この面があることにより、人と直面した時に言ってもよい事と言ってはいけない事とを正しく区別できるようになる。 これを忘れることは即ち善悪の区別が付かないとされ、罪である。面を着用せずに外道を喋ると流刑にされてしまう。このようにして刑に架せられた者達が皆恥じることから、「赤面」という言葉も生まれている。

また、この顔は普通の一般人の顔とは比べ物にならない程有名であるので、大人数を前にしたときのお披露目では基本的に「赤様」や「赤殿」と呼ぶことが望ましいとされている。「赤さん」でもダメではないが、「赤ちゃん」「赤たん」「赤ちゃま」「赤ん坊」「あっかー」「赤」「垢」「レッド」「ルージュ」「\アッカリ~ン/」等とは決して呼んではいけない。これらの呼び方をしてしまうと侮辱罪に抵り、禁固刑となる。

実践例[編集]

画像の1例

外道は、基本的には序本結といった、3つの文から構成される。

  • 最初は。場の空気を読みながら、自分だけの世界を構成していく。画像の右上の吹き出しに当たる。
  • 次に本。短い序を一気にひっくり返すように、大規模などんでん返しを仕込む。画像の左上の吹き出しに当たる。
  • 最後に結。「まさに○○」という決め言葉で締める。

まさに外道の例[編集]

  • ペヤング食うんだろ? お湯入れといてやったぜ」 → 「3時間前にな!!!」 → 「まさに外道」
  • 「いつも自分が死んだ後のHDDのこと心配してるだろ?」 → 「コピーして参列者に配ってやるよ」 → 「まさに外道」→ 「あっ、参列者来ねーな」 → 「まさに外道」
  • STAP細胞で博士号を取ったぜ!」 → 「よその論文や画像をコピペするだけだがな!!」 → 「まさにSTAP単細胞外道!」
  • 「聴覚障害と騙って障害者手帳をもらったぜ!」 → 「頭の方は本当に障害だけどな!」 → 「まさに外道!」
  • 「この記事に加筆してやるぜ!」 → 「NRV張るだけだけどな!!」 → 「まさに外道」
  • 「ケーキ切り分けておいたぜ」 → 「120の破片にな!!」 → 「まさに外道」 
  • 「昨日、大事な奴にサヨナラを言ってきたんだ…」 → 「この働きづめの社会にな!!」 → 「まさにニート
  • 「俺の作ったステーキうまかったか?そーかいしっかりとした味わいだったか。なら良かった。なに、昨日からポチがいないって?見てねえなあ。ま、ステーキおいしかったみたいで良かったぜ!ポチの肉がな!」→「まさに外道」
  • 「レッドアリーマーに勝ったぜ!」 → 「逃げて死んだ先がチェックポイントだけどな!!」 → 「まさにこの世は魔界村外道!」

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「まさに外道」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]