黒子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ほくろから転送)
移動先: 案内検索

黒子(ほくろ)とは、主に顔につけることが多いアクセサリーである。

概要[編集]

黒子とはの一部分につけて主にへの印象を操作するアクセサリーである。体のどこにつけても問題はないのだが、体につけたとしても服で隠れるなどの理由により、顔への装着が一般的である。顔につけると表情まで変えることが出来るため、女優はもちろんのこと、世の女性たちに大人気である。中には黒子が嫌いな女性もいるが、それは黒子の使い方が下手なのだろう。黒子は上手に使えば確実に美貌を引き立ててくれる。

装着[編集]

黒子はつける場所によって様々なイメージを見るものに植えつけてくれる。また、黒子の数を知っているということがステータスになる場合もある。ここでは主な使い方を伝授しよう。

強調・補填[編集]

目元(泣き黒子)

これをつけると儚げな印象をつけ、涙もろい人というイメージを植え付けることができる。これは泣く演技が得意な女優はもちろん、世の男性の気を引こうと一部の女性にも愛されている装着方である。しかし、副作用として薄幸そうな印象も加わることに注意すべきだ。宮沢りえはその筆頭である。

口元

唇の形の美しさを印象付ける他、食欲旺盛であることを示す。代表的な人物は言うまでもなくマリリン・モンローである。他意はない。

鼻の下

マリリンのものより鼻に近い。彼女のマネをしようとして少々失敗したが、鼻糞がついていてもばれず都合がよいためそのままになっているのである。沢口靖子はその例。また小沢昭一のように、そこが非常によく伸びることを示している場合もある。いけいけドンドン。

緒形拳は額にあるこれを「すごみ」という光線の発射口として利用し、共演者や観客を圧倒して名声をほしいままにしていた。菅直人はこれに倣ったが効き目がなく、を含め様々な方面の人間の批判を受け続けている。その短気な性格を矯正し、理想であるブッダに近づくためであるという解釈もある。さらに特異な例として、渥美清はこれを眉の動きの支点として用いた。

胸元

主に女性がセクシーなイメージをつけるために使用する。世の男性にとっては黒子に目がいったんだよと、言い訳する格好の理由にもなる。男性がつける場合もあるが、残念ながら女性ほどは効果が見込めない。

全体

桑田真澄は欲張りすぎたために、よくわからないものになってしまった。

秘密[編集]

背中・ヘソの周り

ローライズでもはいていない限りはまず見えない場所。それこそ黒子の数など数えられるのは一緒にプールに行った時ぐらいだろう。この数を知っているということが、あいつとプールに行ったんだぜというある種の自慢になる。だが、黒子は取り外し可能なのでそのデータは更新されているかもしれないが。

胸・尻など

海やプールに行ったときでも、ここの黒子の数はまず知ることは出来ないだろう。つまり、ここに黒子をつけることを知っているということは彼・彼女のを見たということに他ならない。この事実は昔から知られており、一部では黒子の数を知るというのが情事の暗喩として伝わるほどである。

局部

ここの黒子の数を知られているということは…説明不要。

差別化[編集]

これは双子含む兄弟姉妹が、兄・姉との差別化を図るためにつける黒子である。ここでいった通り、黒子は主に女性に好まれているが、男性がつける場合もある。これをつけることで兄弟をきっちりと見分けることが出来るようになる。かのマナカナも使っている由緒正しい使い方である。つける場所としては口元や目元がいいだろう。

例外[編集]

個性を強調し、決定づけるものである黒子を付ける瞬間を他人に見せるのはタブーであるが、コロッケという男はそれを平然と破ってのけた。これにより彼は完璧なカメレオンマンとなり、強大な力を手にした。今や国営放送を味方につけた彼に怖いものなど何もない。

派生[編集]

黒子の派生語として黒衣がある。語源としては歌舞伎などの舞台で化粧をする際、黒子を外しておしろいを塗ったことから、舞台上で見えなくなるものを黒子と読んだことから始まる。初めこそ漢字も黒子であったが、黒い布をまとって隠れるものというほうがより的確であったため漢字では黒衣と称された。いつしか元の意味が薄れ、黒衣とかいてくろこと読むようになったが、実はこのようなエピソードがあったことを知っていただければありがたい。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「黒子」の項目を執筆しています。