へんじがない、ただのしかばねのようだ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ドラゴンクエストシリーズ > へんじがない、ただのしかばねのようだ

へんじがない、ただのしかばねのようだとは、ゲームドラゴンクエストシリーズにおいて、ドザえもんに対して話しかけた際に表示されるメッセージであり、既に死んでいる骸骨に話しかけるという、やましくピーじみた行動を非難する声もある。

人の話を聞かない子供に対して親や教師が「へんじをしない子のところには、ロトの勇者が殺しにやってくるぞ。」と言う光景は、全国各地で見られるものだが、語源はこのメッセージである。

何故死体に話しかけるのか[編集]

そもそも何故ドラクエ界における勇者達は死体に話しかけるのかと言う事に関しては、今までメダル王キノコ大臣オダマキ博士などの学者気取りの暇人の間で何度も不毛な議論が重ねられてきた。可能性としては次の四つがある。

持ち物をあさる
勇者は戦いのために多数の兵器防具うまのふんを買わなければならずしばしば金欠に陥る。そのため息絶えた人間の懐を漁って、はした銭でもいいから金目の物を手に入れようとするのだ、と言う説である。事実屍がお宝であるグリーン?オーブを持っていた事があり、この説は最も信憑性が高い。だが、何故「しらべる」ではなく「はなす」のかという異論も多い。
また、死体そのものをミイラに偽装して高く売りさばこうとしている説もあるが、残念ながら成功した試しがなく、売れる価値もないという意味を込めて「ただ(無料)のしかばね」という無念を込めた言葉になっている可能性もある。
死者をつつく
勇者はヒーロー、すなわち聖人君子であり、例え赤の他人と言えども志半ばで死した不幸な人間の死を悼まずにはいられなかったのだ、と言うもの。
しかしこの説に対して勇者と追いはぎの狭間をブラブラしている冒険者のグレイ氏は「勇者の八割は偽善者であり赤の他人の死を悼むわけが無い」と反論している。
ただの屍かどうかを確認する
ご存知の通りドラクエの世界にはアンデッドなる亡霊、骸骨系のポケットモンスターが存在する。ただの屍だと思って話しかけたらワイトキングだった→ギガデインで死亡と言うケースは日常茶飯事だという。他にも立ち去ろうとしたら生きていて3人パーティなのに4体のボスと戦うと言うのもあった。
しかしこの説に対してくさった死体のスミス氏は「この説が正しければ宝箱に話しかけた時『へんじがない、ただのたからばこのようだ』と言うメッセージが出なければならない(ドラクエ世界には宝箱に擬態するミミックというモンスターが存在する)。」と否定している。もっとも、『たからばこは からっぽだ・・・』というメッセージが出ることがあるため、この発言は矛盾している。
なお、ごく稀な事態ではあるが、人間そっくりの案山子だったという実例もある。
ネクロフィリアだった
勇者の中には重度の死姦フェチがおり、良質の屍を漁っているのだと言う説。ある意味説得力がある。しかしこれに対して正真正銘自他共に認めるネクロフィリアのマッドサイエンティストであるレザード・ヴァレス氏は、「私は今までドラクエで『きれいなおなごの しかばねだ』ようじょのしかばねだ ちいさいこの しかばねと検閲により削除するのも かいかんだ』『いいおとこのしかばねだ とりあえず おれの スーパーなましぼりを検閲により削除したい』『さいこうのしかばねだ 検閲により削除したいしょうどうを がまんできない』と言った類のメッセージを見たことが無い、何度話しかけても、どの屍に話しかけても、表示されるメッセージは決まって『へんじがない、ただのしかばねのようだ』である。屍を見極めるセンスも無い勇者がネクロフィリアの筈が無い、もし私なら検閲により削除」と反論したことが多くの学者に支持を受け、現在この説は否定されている。

関連項目[編集]


この項目「へんじがない、ただのしかばねのようだ」を書いてた人は書いてる途中にくさった死体に殺されてしまいました。へんじがない。ただのしかばねのようだザオラルかザオリクを唱えてくれる方を求めています。クリフトは要らない。 (ザオリクで生き返るのなら、人口はいったい、どれだけ増えてしまうのだろう。 (Portal:スタブ)