ふしぎ魔女っ子マリーちゃん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ふしぎ魔女っ子マリーちゃん(-まじょっこ-)とは、東宝制作の女児向けの特撮番組。また続編の制作が決定され、こちらはシンエイ動画の手によるアニメで制作される。今作の評価はあの有名なアニメ・特撮・声優評論家の風間トオル氏が「コメットさんやポワトリン以来の傑作だよ!」と評価する。テレビ朝日系列にて土曜夜7時から放送された。

概要[編集]

本作は東宝が数年ぶりに特撮を制作すると話題になった。内容は魔法少女物で「コメットさん」「ポワトリン」以来の王道魔法少女物としては評価が高い。また実写版が終了後も続編を希望する声が高まり急遽東宝とテレビ朝日側からアニメ版の「ふしぎ魔女っ子マリーちゃん 2(セカンド)」の制作が発表。アニメ版制作の理由は「アニメの方が実写より表現の幅が広がる」と制作発表で伝えられた。監督は庵野秀明でキャストは実写版とアニメ版両方同じである。

また玩具や着せ替えセットなどで展開されている。現在はイギリスアメリカなどで吹き変えで放送されている。なお実写版のDVD-BOXの発売が決定された。


スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、ガンダルフがファンゴルンの森で再び現れることや、U.N.オーエンの正体はローレンス・ウォーグレイヴであることや、キリコはフィアナを助けることが出来ず彼女は死んでしまうことや、黒崎一護の父親はもともと死神で護廷十三隊十一番隊隊長だったことや、とらはかつて人間で獣の槍の使い手だったことや、ブルースはロックマンの行方不明になった兄であることや、飛鳥五郎殺しの犯人は総統Dであることや、幻王の正体が楊令であることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

あらすじ[編集]

魔界にある魔法高校にて期末試験の点数が悪く、担任から無事に卒業したくば人間界の高校に編入し卒業するまでバレなきゃ晴れて卒業という事で人間界に舞い降りた主人公の師走マリー。高校生活を送る中、魔界から差し向けた刺客シーラとの戦いが始める。

登場人物[編集]

登場人物はアニメ版は同じである。

師走マリー(しわすマリー)(実写・声:國府田マリ子

主人公で魔法高校の2年生、期末試験の点が悪く人間界の高校へ編入するハメになった。バトルコスチュームへ変身する際は大掛かりな演出で変身する。魔法を使う際は「届け・・・乙女の祈り・・・」と言う。タコが嫌い。

セイン(声:大谷育江

マリーの弟、マリーに付いてるが正体は呪いをかけられてラッコに変えられ洗脳されマリーの監視をしている。シーラと共にマリーの行動を邪魔していたが中盤で洗脳がマリーにより解かれマリーの味方になった。なお実写版ではぬいぐるみが使われている。

神無月シーラ(声:川村万梨阿

マリーのライバルでセクシーなし衣装を着ている。変身する際はリボンをクルクル回しながら変身する。魔法を使う際は「届け・・・美女の祈り・・・」と言う。

ナオキ

マリーが編入したクラスの男子生徒。マリーに一目惚れする。

ミカとリカ

マリーが編入したクラスの双子女子生徒。

山岡先生(声:井上和彦

マリーが編入したクラスの担任。妙に落ち着いてる。

放送話[編集]

実写版[編集]

全55話

  • 第1話 「ふしぎ魔女っ子マリーちゃん登場!」
  • 第3話 「宿敵シーラ登場!
  • 第10話 「セイン謎の動き」
  • 第14話 「シーラが森繁のおじさんを妖怪に変える!」
  • 第19話 「森繁久彌との最期の決戦」
  • 第27話 「シーラとの戦い」
  • 第37話 「ホントの黒幕の正体」
  • 第45話 「セインの正体現る!迷惑な兄弟喧嘩」
  • 第48話 「セインは捨て駒」
  • 第50話 「シーラの魔法発動!地上壊滅!」
  • 第55話 「最期の戦い マリー散る?!」

ふしぎ魔女っ子マリーちゃん 2(セカンド)[編集]

DVD-BOXの発売と共に放送する予定。

主題歌[編集]

  • OP「マリーちゃんのうた」

作詞・作曲:つんく♂ 歌:國府田マリ子

  • ED「バイマイシーラ」

作詞・作曲:小室哲哉 歌:川村万梨阿

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

{{{放送枠}}}
前番組:
超伝導カンタム・ロボ
※他の曜日に移動。
ふしぎ魔女っ子マリーちゃん 次番組:
魔法少女もえP