ふしぎの海のナディア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「ナディアは一体何を考えて生きてるんでしょう」
本作の主人公 について、ナレーション
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ふしぎの海のナディア」の項目を執筆しています。

ふしぎの海のナディア(ふしぎのうみのナディア)は、NHKで放送された風俗アニメ

概要[編集]

科学教育と性教育と人権教育と宗教教育が同時に行なえる番組を目指して、新進気鋭のオタク庵野光雅に監督を依頼して製作されたが、当時庵野監督が童貞だったためセックスシーンを描く事ができず頓挫した。

この失敗を教訓に庵野監督は風俗に通い積めて筆おろしを済ませ、新世紀教育アニメ『エヴァンゲリオン』を作成することとなる。この事に関して庵野監督は「(『ナディア』の)当時の僕はあれが限界だと思っていたけど、今から思うとオナニーはできてたよね。いやぁうっかりした」と残念がった。

潜水艦「しんかい6000」号による海洋調査の様子を余すところ無く公開。INAX制作のためか、風呂・トイレシーンが多い。

メインヒロインが珍しく黒人の少女であった。その性格がアニメ史上希に見る傍若無人ゆえに、黒人人権保護団体からクレームが付けられたかどうかは知らない。

キャラクターや設定に後年公開されたディズニーアニメのアトランティスに類似した部分が多く、ナディア制作サイドはタイムマシンを用いて盗作を行ったのではないかとの疑いがある。逆だって?ディズニーが盗作するわけないじゃないか。

ストーリー[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

主要登場人物[編集]

ナディア
一応ヒロインの黒人少女。わがまま。エコとかロハスとかいう言葉で簡単に釣られるタイプの痛い子。菜食主義者なので肉類は「死体」と言って食べず、生きたまま丸呑みにする。卵も食べる。飛行石らしき石を持っていたが、滅びの言葉を知らなかったせいでムスカ大佐は出演の機会を奪われた。ちなみに「菜食主義者」とは、植物は生き物ではないと言う誠に自分勝手な都合で生きている人種であり、ナディアと言う人物像を現すのには格好の設定であったと言える。
ジャン
ナディアにこき使われるメカフェチ少年。
マリー
ロリ担当…にはならなかった。
キング
ライオンキ…… ゲフンゲフン。キング "ザ・ライオン"。ライオンの子供。序盤はナディアのペットだが、中盤からはマリーと夫婦漫才状態。だからディズニーが(以下略)
グランディス
いきおくれ姐さん。マージョ様。
サンソンとハンソン
グランディスの周りでうろちょろしている細いの太いの。どちらがどちらであるかはたいした問題ではない(マリー以外には)。ワルサーとグロッキー。
ネモ
船長。艦長と呼ぶと怒るが、鬼太郎と呼ぶと返事をする。武装しまくった潜水艦を「この船は軍艦ではない。ただのイカ釣り漁船だ」などとのたまう。まさに、「この親にしてあの子あり」である。相手の仕掛けた罠には基本的に全て引っかかる律儀な性格。沖田艦長。いやキャプテンハーロック。
エレクトラ
副長。年齢を四捨五入すると二十歳になるのをやけに自慢している。ネモ、グランディスと三角関係を繰り広げる。シリーズ終盤に着用していたプラグスー…いやいや…戦闘服が、後に制作されるアレの…
ガーゴイル
中身はネルフとかいう特務機関の偉いさんだが、仮面のデザインが間抜け過ぎたため誰にも気付かれずに最終回を迎えた。そんな仮面好きなイタリア人。「本命盤恨み舟」という演歌を歌った。ムスカ的存在。っつーかムスカ。
ファジィ
ナディア、マリー、グランディス、エレクトラといった、ぶっ飛んだ女性陣の中にあって唯一の正統派ヒロイン。でもTVシリーズには出てこないんだよね。

主要登場メカ[編集]

マイティジャック
ネモたちの乗る船。飛行能力はない。
サンダーバード1号
ネモたちの乗る、新しい船。宇宙も航行可。
タイムガイコッツ
グランディスたちの乗るメカ。変形可能だか、時間旅行はできない。

関連項目[編集]

Natsuiro.jpg このアニメ「ふしぎの海のナディア」はまだかんたん作画のままです。
作画修正をしていただけるスタッフを募集しています。 (Portal:スタブ)