ふしぎなアメ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ふしぎなアメとは、ゲーム版ポケットモンスターの赤版(R指定バージョン)に登場する道具である。これを捕獲したポケットモンスターに食べさせると、そのポケモンは超興奮状態に陥り凶暴化、目に移る全てを滅っするまで攻撃を止めない状態にトランスするため、大変危険である。モンスターボールに突っ込んでおいても中のポケモンをすべて惨殺した上にボールを粉々にして出てくる。

ふしぎなアメの主成分[編集]

ふしぎなアメ(実物)。

以下に主な主成分を記載する。また()内はその物質の含有率である。

  • H173(34.27%)
  • H170 (29.44%)

上記の二つは、ポケモン感染を引き起こす物質である。主に予防接種として用いられるが、濃度が高ければポケモン感染L5になり助からないというもの。厳重に扱うことが必要である。

  • クリスタルスカル(12.79%)

命知らずの冒険野郎インディ・ジョーンズ博士が探している「クリスタルスカルの魔宮」の中にあると言われる「若さの泉」の守護神クリスタルスカルの頭蓋骨である。その骨は水晶のように透き通り輝いていることから信仰畏怖の対象になっていたが、勘違い巫女古手梨花によって発掘された。表面を削り、削りカスを75日煮込んだものを含有。クリスタルスカルは削った翌日には元に戻っているらしい。

  • クエン酸タンドスピロン(10.50%)

クエン酸タンドスピロン (tandospirone citrate) はアザピロン系の抗不安薬の一種。セロトニン5-HT1A受容体作動薬。タンドスピロンの分子式は C21H29N5O2、分子量は383.487 g/mol。クエン酸タンドスピロンはセロトニン5HT1A自己受容体と結合し、一時的にセロトニンの放出を抑制し、神経終末の小胞体内に蓄積される。これによってポケットモンスターは一種の錯乱状態に陥るとされている。主に鬱病に感染したポケモン感染者の治厄薬として用いられる。

  • 純エドフィリン(7.82%)

エフェドリン(英:Edpherine)は、鬱血除去交感神経興奮剤で、裸子植物の魔王アルカロイドである。アルカロイドはアンモニア聖地生まれのものが偽魔王韃靼生まれのものが真魔王である。魔王は残虐な性格であるためたびたび勇者によって討伐されているが、絶滅はしない。現代の社会の一種の謎である。

これはコーヒーなどに含有されているアルカロイド系物質で、麻薬である。その恐ろしさは今も語り継がれている。

入手手段[編集]

現在は法整備がなされ手に入れることは簡単ではない。しかし伐採可能な木々の先や、陸の孤島、特性「ものひろい」を持つポケットモンスター によって探させるといった手段が一般的。また、バグと呼ばれる蟲を使うと1つのものが無限に増えるらしいが、定かではない上に副作用が激しく非常に危険である。

2010年受賞商品全画像.jpg
モンドセレクション最高金賞受賞
ふしぎなアメはベルギー連邦に本部を置く、製品の技術的水準を審査する
国際評価機関モンドセレクションの厳正な審査により、最高金賞を受賞しました。
この優秀品質賞は完全に独立した専門家によってその高品質を表彰するラベルであり、
消費者ならび生産者にとって様々なメリットのある賞と認識されております。

関連項目[編集]