ひらがな語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ひらがな語 (- ご) とは、漢字が読めない知的障害者のために使用される文盲白痴語のことである。

がいよう[編集]

ひらがな語とは、本来漢字またはカタカナで表記できる語の一部または全部を、あえてひらがな表記した語種である。例としては、「さいたま市」「子ども」「こんごう型護衛艦」などが挙げられる。確実に読めるが絶望的にダサく、バカ丸出しなのが難点である。

ひらがな語は本来、漢字の習得が不十分な幼稚園生から小学校生に対し使用されて来た。しかし近年、日本人の知力低下が進んだ結果、漢字が読めないバカが増加し、「標識や映画の字幕が読めない」「町の名前や企業名が覚えられない」「難しすぎて本が読めない」などの声が上がるようになった。そのため近年では、これらの愚民どもに配慮して、ひらがな語が多用されるようになった。

例えば美少女系成人向けゲームの一部には、やたらと名前をひらがな語にしたがる傾向がある。これは、ひらがな語の持つ効用を最大限に発揮している。ひらがな語を使用することで「私は漢字が読めないおバカさんでーす♪てへ☆」と、自らの白痴ぶりを知らしめている。しかし、名前をひらがな語にされるキャラの中には外見的に幼く、18歳以上に見えないようなキャラに多い。つまり検閲により削除

また、九条教プロ市民などもひらがな語を愛用している。彼らが好むひらがな語は「みらい」「さくら」「みどり」「へいわ」「ふるさと」「こども」「さくら」「なかよし」などが代表的である。

ひらがなのまちのなまえ[編集]

平仮名で表記された市名の一覧。この町には文字が読めない土人が多いため、バカでも分かるように平仮名語が使用されている。いずれも、見るからに知性の低さが漂ってくる名前ばかりである。

ひらがなのぐんかんのなまえ[編集]

大日本帝国海軍の軍艦は、どれも硬派で美しい名前ばかりであった。しかし、海上自衛隊が保有する艦艇の名前には、何故か嫌味なほど平仮名が使われている。これは戦後再軍備するにあたり、反戦病患者に配慮した結果である。

軍艦名がカッコよすぎると、軍国主義だと騒がれるので、少しでも攻撃性を和らげ、優しさとアホさを出そうとした結果、平仮名で表記するようになった。そのため嘆かわしいことに、今日の日本軍艦はダサくて軟弱な名前ばかりである。

ひらがな軍艦名の例
あたご型護衛艦(愛宕型駆逐艦)
こんごう型護衛艦(金剛型駆逐艦)
ひゅうが型護衛艦(日向型航空巡洋艦)

ひらがなよんもじのさくひんめい[編集]

アニメ漫画ゲーム等の一部には、題名を平仮名四文字で表記した作品が目に付く。これは、作者と視聴対象者の知能レベルを考慮した結果である。確かに覚えやすいが意味不明であり、題名からして低脳人間御用達の雰囲気が感じられる。

ひらがな4文字の作品一覧

また、元のタイトルが長いため、ひらがなの略称で呼ばれるものもある。

かんれんこーもく[編集]

がいぶりんく[編集]

Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「ひらがな語」の項目を執筆しています。