ひこぼし

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ひこぼし」の項目を執筆しています。
「いくらなんでもこんなのになったら、負けかなと思っている」
ひこぼし について、ニート

ひこぼしは、アルタイルに住む変人で有名なぴー彦さんの通称である。 ただし、毎年七夕の日に限りとある川で彼の幼馴染である織姫と面会することが許されている。

概要[編集]

ひこぼしはDHMO大阪民国独特の空気がいっぱい含んでいることで有名な天の川の岸辺に住んでいた。ところが、このひこぼしはニート状態であり、夜になっては、近親姦を中心に強姦しまくり・母親離れしない・精神的自立しないという乱心の三点セットが目立ってきた。そのことに対し、天帝さまは「前代未聞のうつけもの」とお怒りになった。

そこで、天帝さまは上記のような乱心を起こすことがあまりにも多いひこぼしに対して、自立させるように、銀河の果てにある彦星に隔離させた。

ただし例外として、7と7のそろう日、つまり七夕の日にまず、無数のカササギがやってきて彦星と天の川の間を結んでくれ、天の川にて織姫と会うことが許されていた。ひこぼしが織姫のところに来たがる目的はというと、そこらへんはお察しください

その後[編集]

ひこぼしの死後、ひこぼしという用語は、いつまでたっても母親に甘えん坊という隠語となった。 たとえば、いい青年にもかかわらず母親に子供のようにアーン♥♥したり、お年玉をねだったりすることがあげられる。 日本では自立していないいい証拠としてXXXXXという別名を持つようになった。

起源はどこ??[編集]

ひこぼしはもちろん、七夕そのものの起源は特定アジアにあり、少なくとも日本ではないことは確認されている。 特に、天の川の雰囲気やそこから伝わる渡来人文化の多さ・ひこぼしの態度などから、大阪民国発祥というのが一番有力な説であるとされる。

関連項目[編集]

この項目「ひこぼし」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)