ぱんつはいてない

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ぱんつはいてないとは、ぱんつはいてない状態のことである。

語源・概要[編集]

ぱんつの語源となったパンツという言葉には2つの意味がある。

  1. いわゆるズボン・スラックスともいう、二本に分かれた筒状の布に片足ずつを入れて穿く衣服のこと。……私がいま穿いてるスカートは含まれません
  2. 下半身に付ける下着(ショーツ)の意味。本項目でのぱんつはこちらが語源。……で、何で息を荒くしているんですか?

上記2つの意味で使われるため、どちらの意味で使われているかは文脈などから判断しなければならない。 下着は「ンツ」、ズボンは「」と発音して区別する場合もある。 区別するため下着のパンツを特に「アンダーパンツ」と呼ぶこともある。……そんなこと聞かないでください!

えーっと。…ベージュ色?

「パンツ」と「ぱんつ」には意味上大きな隔たりがある。まずひらがな表記にすることによりよりカタカナが読めない年齢というのは特に限られており、ロリコンどものフェチズムをかきたてるという意味がある。同様に「おぱんつ」という表現があり、これは「お-」という接頭語がしつけを連想させ、ロリコンどもの歪んだ性欲を禁則事項ですするものだが、本項では扱わない。……何色かなんてどうでもいいじゃないですか

1980年代までは(成人)女性の下着を指し示す言葉としてパンティー(panties)が一般的であった。 1980年代後半ぐらいから「パンティー」は男性側からの性的な見方を含んだ呼称とされるようになり、男女・年齢の区別なく使われる「パンツ」が広く用いられるようになった。アメリカ等では通常「パンティー」と呼称して……だいいち何色とかそういう問題じゃなくて……あっ

「パンツ」という言葉にはいやらしさがない、と女性には感じられるという。一部の女子高生ブルセラ店でパンツを売る。また、今夜は男性と……いよいよ結ばれそうだと予感した女性は……「勝負パンツ」を穿く。呼び方の変化の背後には性意識の変化が伴っているとも考えられる。だが「ぱんつ」という表記にはいやらしさとも異なった一種の小宇宙が眠っているという研究もあり……モジモジなんてしてません!

はいてない[編集]

はいてませんが、なにか?

「ぱんつはいてない」は上記のぱんつを穿いてない状況のことである。やむをえない状況(着替え途中だった、強要された)もしくは本人のうっかり、元々妖精だったから、などが原因となるけど私はちゃんと穿いてますから!嘘じゃないです!

パンツにはローライズのジーンズや、短かったり捲れやすいスカートを穿く女性が、見せてもいいものとして穿く「見せパン」があり、「ぱんつはいてない」も……あっ……ロリコンどもの歪んだ性欲を禁則事項ですするという点でこのような「見せパン」の一種と考えられることもあるが、本人の羞恥がともなう事が異なっている。……風が強いから窓を開けないでください!いや、はいてますけど、はいてますけど開けないでください!

またぱんつはいてないにはその後「見えるや見えざるや」のスリルとサスペンスがある点も大きな違いとなる。本人のドキドキ感もさることながら、周囲がうすうす気づいている場合は、各種のスカートめくり工作が行われる場合があり、その場合は慎重な対処が求められ……いや暑くないですから、扇風機はいりません!

ぱんつはいてない女子は、羞恥をあらわにするほどよいとされ、普段はまじめな女子がぱんつはいてないという状況は特にバレたときの社会的な影響から強い羞恥が生まれる……その大きい三角定規をしまってください!

しかしぱんつをはいているかはいていないかは決定論の問題であって我々紳士諸君は、シュレディンガーのぱんつにより導かれる確率ぱんつ波動方程式を解くことによってこそ真理が分かることを心してもらいたい。

関連項目[編集]