にやぶつの法則

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

にやぶつの法則(-ほうそく)とは、次の総理大臣を占う法則。にやけた顔の人物と仏頂面の人物が交互に総理大臣になるという。

概要[編集]

日本では1993年の55年体制崩壊後、内閣総理大臣がにやけた顔の人物と仏頂面の人物が交互に就任してきた。

こうしたことから、小泉純一郎が総理大臣を引退後は仏頂面または堅物の人物が総理大臣に就任すると言われた。小泉在職中に次の総理大臣と言われていた人物は概ね以下の7人であった。

とくに民主党では、稀代の堅物である岡田克也が次の総理大臣だと大いに意気込んだ経緯がある。また、安倍と福田の対決という構図が固まりつつあった時期には、この法則から次期総理大臣が福田であると予想したものも多い。 しかし実際はにやけ顔の安倍が総理大臣に就任し、この法則は崩れたことになった。

関連項目[編集]