なんやかんや

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

なんやかんや(読み同じ)とは、まあ、つまりなんやかんやである。

概要[編集]

なんやかんや」は便利な呪文の一種で、唱えることによって面倒くさい状況説明などを省くことができる。

ただし、唱えすぎるとMP(信用)をひどく消費してしまうので注意が必要である。

使い方[編集]

学校編[編集]

教師宿題を忘れた理由を問われたとき
なんやかんやを使用するには最高の場面である。
教師に宿題を忘れた理由を問われたら、「昨日、部活なんやかんやありまして、怪我をしてしまって病院に行っていたので時間が無くて宿題をできませんでした。」と提唱してみよう。
部活に入っていない場合は「家の用事」などと改変して提唱すればいい。
ただし、なんやかんやのところの説明を求められたら呪文提唱は失敗したことになる。
テスト赤点をとってしまい、教師に呼び出しをされたとき
これまたなんやかんやを使用するべき場面である。
赤点をとってしまうと、休み時間や放課後、職員室などに呼び出しを受けてしまうことが多い。説教はごめんなので、なんやかんやを提唱してみよう。
「テスト一週間前におばあちゃんが死んでしまって、なんやかんやで忙しかったので、十分に勉強ができませんでした。ごめんなさい。」
「身内が亡くなった」という理由ならば、教師もそれ以上攻め立てることはできない。
無事に成功したあかつきには、勝手に殺してしまったおばあちゃんにお詫びの品を渡しておこう
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ショッピング編[編集]

洋服を試着したらきつすぎて商品が破れてしまい、店員に責め立てられてるとき
太っている方や、筋肉質の方は試着で服を破ってしまったことがあるであろう。
そんなとき、普通は弁償すれば(つまり、その破ってしまった服を買う)許してもらえるのだが、たまにしつこく責め立てて来る店員がいるのだ。
面倒なので理由を適当につけてさっさと黙らせよう。
「太っていることを認めたくなくて、小さいサイズを着ようとしてみたら、なんやかんやあって破けてしまいました。」
この後に土下座をするとなお効果的だが、このくらい丁寧に理由を伝えたら大抵の人間が許してくれるだろう。
なんやかんやの部分が丁寧じゃないというツッコミはご遠慮ください。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

職場編[編集]

二次会に参加できない理由を聞かれたとき
「自分はを飲めないのに、何でクソ上司共の飲み代まで割り勘で払わなきゃいけないんだ!そんな二次会、参加するわけねぇだろバカ!」
・・・と思うことが社会人には多々あると思う。
しかし、二次会への参加を断るのはなかなかの勇気がいるもので、大抵は「じゃあ僕もお邪魔します」って言うしかなくなってしまう。
二次会へ参加できない理由なんて、そうそう適当に思いつくものでもない。
そこで、「なんやかんや」を唱えてみよう。
「今、から電話がかかってきて、なんやかんや・・・と言われたので帰らせていただきます。」
家の用事なら仕方ないと思ってもらえるだろう。
ただし、結婚していないことがバレたりしたら大変なので、提唱には注意が必要だ。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

なんやかんやの正確な意味[編集]

古来から使われている「なんやかんや」の意味は、今まで説明しようとしてもうまく説明できなかった。

しかし、「33分探偵」という堂本剛主演ドラマにて、主人公「鞍馬六郎」の口から正確な意味が発言された。

なんやかんやは、なんやかんやです
なんやかんやの意味 について、鞍馬六郎(堂本剛)

なんやかんやは、やはりなんやかんやであるということが証明された。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]