なんとなく、クリスタル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

なんとなく、クリスタル[1]とは田中康夫[2]が発表[3]した小説[4]であり、芥川賞[5]の候補[6]にもなったことでも知られている[7]。略称は「なんクリ」[8]

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者[9]のために、ウィキペディア[10]の専門家気取り[11]たちが「なんとなく、クリスタル」の項目を執筆[12]しています。

この通り、やたらと注釈[13]が多く[14]、いわゆる読みにくい文章[15]の代表格[16]であるといえる。

内容はというと、携帯電話[17]も全世界的ネットワークとしてのインターネット[18]も無かった頃の南青山[19]に住む主人公[20]女子大生[21]兼ファッションモデル[22]が流行[23]の音楽[24]やファッション[25]やブランド[26]について友人[27]と話したり、ディスコ[28]に行ってナンパ[29]されたり、ラブホテル[30]セックス[31]をしたりと、自由気まま[32]な生活[33]の描写[34]が延々と続き[35]、現代小説[36]にありがちな主人公の問題意識[37]は全くといって無い。そのため評論家[38]の一部はこの小説[39]を批判した[40]

注釈[編集]

  1. ^ クリスタルは無色透明の鉱物であり、水晶玉に加工されて不幸な人に売られています。
  2. ^ 作家ですが後に長野県知事となって派手に活躍しました。「ヤッシー」という愛称で呼ばれることもあります。
  3. ^ 20世紀のことだったかと思います。斬新な注釈の使い方を考えれば「発表」というより「発明」の方が適切かもしれません。
  4. ^ 評論や論文やどこかの百科事典と比べるとたいていの小説は堅苦しくはありません。
  5. ^ 毎回料亭で選考委員が「これだから最近の小説は」等と思いつつ選考しています。
  6. ^ もちろん泡沫候補ではなく有力候補です。
  7. ^ 当然のことではあるのですが、最近の若者にはほとんど知られていないのです。
  8. ^ もちろん滝クリこと滝川クリステルとはなんの関係もないのです。
  9. ^ 要はアンサイクロペディアのジョークが理解できない人たちという意味です。
  10. ^ 百科事典を自称するいかがわしいサイトです。成人向きのエッチな記事も堂々と紹介されています。
  11. ^ ウィキペディアは誰もが編集に参加できる建前になっていますが、何も知らない素人が執筆すると、たちまち「出典を示せ」だの「独自研究だ」などと集中攻撃を受けるのが現実です。
  12. ^ 彼らは筆ではなくキーボードを使って書いていると考えられます。
  13. ^ アンサイクロペディアややウィキペディアの文章にはこの注釈にどことなく酷似した[要出典]が貼り付いていますが注釈とは全く方向性が異なります。混同してはいけません。
  14. ^ 皮肉や風刺の含まれた注釈も少なくないのです。
  15. ^ アンサイクロペディアにおける秀逸な記事です。まだ読んでいないのならば一度読むべきです。
  16. ^ だいひょうかく、と読みます。
  17. ^ この小説はある意味でケータイ小説と似ているかもしれません。
  18. ^ もちろん2ちゃんねるもアンサイクロペディアも存在していませんが、インターネットの原型となったARPANETは既に存在していました。
  19. ^ 東京都内のどこかに存在します。
  20. ^ 脇役のことも忘れてはいけません。
  21. ^ ライトノベルでは女子大生より女子高生の方が遥かによく登場し、活躍します。時代の流れでしょうか。
  22. ^ いつの時代でも給料はいいようですが長く続けることは至難です。
  23. ^ 現在ではもちろん時代遅れです。
  24. ^ 邦楽ではなく、もちろん洋楽です。
  25. ^ 今この小説の登場人物と同一の格好をすれば嘲笑されるかもしれませんが、わざわざ上から下まで小説で描かれたものと同じ衣装を揃えた努力だけは称えるべきです。
  26. ^ あまり知られていないマイナーなブランドを好んでいます。
  27. ^ 主人公と同じく、ブランド物が大好きで妙なこだわりが多いのです。
  28. ^ ジャスコではありません。ディスコです。ヤングのたまり場です。
  29. ^ いつの時代も行われていたかどうかは不明です。
  30. ^ 建てる人もどうかと思いますが使う人はさらにどうかと思います。
  31. ^ これだけは過去でも未来でも変わらないかというと、実は違うようです。
  32. ^ どちらかというと身勝手という言葉の方がぴったりあてはまるような気がします。
  33. ^ 遊んでばっかりのような気もします。
  34. ^ 注釈があるのでより丁寧となっています。この小説が執筆された時代を知る上では貴重な手がかりとなるかもしれません。
  35. ^ 途中で飽きてしまうかもしれませんが、長編ではないので本文だけを読めばなんとか最後まで読めるはずだと思います。
  36. ^ ライトノベルも含まれると思います。
  37. ^ 政治とか人生とかそういうものに関してです。
  38. ^ 多くはウィキペディアンと同じく頭の固い人です。
  39. ^ (笑)
  40. ^ あれだけ身勝手な主人公だから仕方が無いのかもしれません。

関連項目[編集]