なもり

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

なもり(学名:なもり)とは、日本富山県高岡市にて発見されたクラゲ。性別はメス。海洋生物としては絵を描く事が出来る大変貴重な種であり、現在は出版社である一迅社で重宝されている。代表作は「ゆるゆり」など。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「なもり」の項目を執筆しています。

基本的特徴[編集]

近影。

日本海(富山湾)付近で生誕したものと思われる。それが幼生(プラヌラ)の時点で何らかの原因で突然変異を起こしたと推測され、傘の部分に目と口が確認出来るなど他のクラゲとは大きく異なる形状となっている。

偶然、富山県内の出張に赴いていた一迅社の社員が発見して保護した。2006年より執筆活動を開始。「ゆるゆり」は出世作および代表作となり、アニメ化もされたこともあり、一気に注目が集まった。しかし、一時期外に出しすぎてストレスのせいで死んでしまったパウル君の二の舞になることを懸念した一迅社重役の提案で、外部との交流を普段はtwitterのみに制限している。


なお、現在は京都府に生息している模様(公式Twitterより)。

生態[編集]

顎置きにしても問題はない。

発見された場所から見ても日本近海を漂流していたのは確かであるが、「ゆるゆり」作中には東京都内のファミリーレストラン、千葉県内の駅と思しき風景も出ており、日本中を漂流、また陸上にも進出していた事がうかがえる。「過去に似たような個体を名古屋や京都などでも目撃した」という情報が報告された。

クラゲにして、描画が可能であることに加えて脅威の執筆スピードを誇る事から、世界中の学会からその生態などが注目されている。一部のファンの間ではあたかも既成事実であるかの様に「※このなもりは特別な訓練を受けています」とも、実は4体いるとも囁かれている。

前述された様にその他を寄せ付けない圧倒的なスピードをして刺胞動物門界のストレイト・クーガー、そのスピードを維持しつつ仕事の高いクオリティを落とさずこなす超人的な様から全盛期の富樫の再来と言われている。

最高速度は未だ確認されていないが少しでも速く動こうとすると残像が残り本気を出すと人間の視界からは完全に消え気配すら残らない。この時の様子を基に4体居るとされる噂や自身の作中に出てくるキャラクターの設定として活かしたと考えられる。

2012年には亜種、または近似種であると思われる蜘蛛が富山県で発見された。体長は2、3cmほどであるため、なもりの様に描画、執筆能力はないものと思われるが詳細は不明。

作風[編集]

  • 人間の、とりわけ女性を描く事を得意としている。また、物語に一切男性が登場しない。その為、男の性別のクラゲ個体数匹を離して生活させる計画も立てているが、大きな反発があったことから無期限で凍結されている。

関連項目[編集]

キャプテン翼の例のアレ.jpg なもり は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、なもり加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)