跳び蹴り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
とび蹴りから転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「跳び蹴り」の項目を執筆しています。
「一発だけなら誤射かもしれない」
跳び蹴り について、朝日新聞

跳び蹴り(とびげり)とは、天高く舞い上がって蹴りを放つ歴史ある必殺技のひとつ。暗殺ツッコミ、連続技の始動に使われることが多い。

技の由来[編集]

発祥[編集]

この技は、飛鳥時代聖徳太子から帰ってきた小野妹子に対して「おい!お土産持ってきた~?」と聞き、その返答が「いいえ、部下の分しか買ってきてませんけど」と言われたので怒りのあまり上空50mまで飛び妹子に蹴りを入れたとこから始まった。

しかし、跳び蹴りという名称のは最近できた名前であって、昔の呼び名は「聖徳太子様お気に入りの50m高飛びキック」だった。

時代による変遷[編集]

他にも北条時宗北条政子に対し「はげホクロ」と言いそれが政子の逆鱗に触れてしまい、政子が「お前もハゲじゃねーか!!くらえー!政子の上空50m高飛びホクロ蹴りー!!!」など歴史上の人物が似たような技を使ってる。

そしてもう一人の有名人物はペリーザビエルです、ある日の出来事…

ペリー「イヤ~シカシワタシタチガイゴクジンナノニヨクニホンノキョウカショノリマシタネ~。」
ザビエル「YES、カミノミチビキデ~ス」
ペリー「ヤッパニホンノメイジョウハエドジョウ」
ザビエル「NO、ニホンノメイジョウハアズチ」
ペリー「アナタオカシイ、クラエ!!ペリーローリングサンダージョウクウ50mゲリ!!
ザビエル「クラエ!!アイラブキリスト、50mジャンピングキック!!

…など、世界中で今跳び蹴りブームが起こっています。

この技の使いどころ[編集]

上の聖徳太子様の様にむかついたときでいいでしょう。しかし、勢い余ってはずすと反撃くらいます。 追記ですがさっきの「聖徳太子様お気に入りの上空50m高飛びキック」はあっさり妹子に「妹子バウアー」で避けられ、「ホクロ蹴り」もあっさり「北条家秘伝ホクロつぶし」にやられ、ペリーとザビエルは相打ちでした。

詳しい跳び蹴り[編集]

跳び蹴りと言っても色々種類があります、例えば思いっきり助走をつける跳び蹴りやその場でジャンプして食らわす跳び蹴り、柔道やっていた人は上段跳び蹴りや下段跳び蹴り、そして全体重を相手にぶつける両足跳び蹴りなど、跳び蹴りは人様々なのです。

関連項目[編集]