ときめきメモリアル 2

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このページに対して編集合戦が行われています。編集合戦の首謀者は一度冷静さを取戻し、編集を一時中断してください。首謀者でない第三者は、このページのノートにどちらの版を支持するか記載し、ノートで合意を形成してください。合意が形成されたら、このテンプレートを剥がすなり、特定の版へ差し戻してください。
※ なお、これ以上編集合戦が続く場合、エゴイストの手によってサイレスの魔法を喰らうことは心の片隅にでも留めておきやがれ。

ときめきメモリアル 2』は、コナミから発売されたPlayStation用ビデオゲームであり、CEROでの隠れたZ指定ゲームと言われている。

ゲーム制作の背景[編集]

一般社会では恋愛シュミレーションで一大センセーションを巻き起こした『ときめきメモリアル』であったが、実際は格闘ゲームであることがPTAにもようやくバレてしまった。PTAは「このゲームで戦争大好きっ子が増えてしまうザマズ!」と思考のぶっとびも甚だしい猛抗議運動を展開。コナミは無視すればよかったものをあっさりと屈服。別路線のゲームを作ることとなってしまった。

それでもMOTTAINAIので、『ときめきメモリアル』のゲームシステムを流用。高校を舞台にしたところまでは同じにして、これまでと全く系統の違うゲームを作成しようということになった。

しかし、当初は『ときめきメモリアル』の続編にするつもりもなく、タイトル等も別のものにしようとしていたらしいのだが、いつの間にか続編という形になってしまった。

しかし、それだけですむ制作スタッフではない。社内で極秘に開発を進めていたシステムをこのゲームに投入することにした。それがEVSである。

EVS[編集]

正式名称はErotic Vibration Systemで、日本語名称はない。

これは、ゲーム機からある周波数の電磁波を発信させ、それを大脳に直撃させることにより、プレーヤーの感情を揺さぶり(Vibration)、キャラクターに感情移入させようとするもの。現在では萌え電波として一般的に知られている電波の元祖とも言えるものである。

本来は恋愛感情を沸き立たせるようにするつもりだったが、半ばやけくそ気味に大量の電波を発信するようにプログラムした。このことにより、プレーヤーは恋愛感情ではなく性的感情(Erotic)を感じるようになってしまった。名称の由来はここから来ている。

プレーヤーを興奮させることに、スタッフの一部では問題視されてはいたが、PTAからの圧力の腹いせにそのまま搭載することになった。このことにより、前作とはまた違った大反響をもたらすことになった。

目的[編集]

舞台は煌市の隣の響野市にある響野高校。前作と同様。頭の悪い大きなお友達のために、ひらがな表記になっている。

7年ぶりにひびきの市に戻ってきたあなたは、この学校で勉強にスポーツに遊びに恋愛に現実のあなたと違った充実した高校生活を送るのがこのゲームの目的である。

表向きは高校生活シミュレーションである。また、前作同様恋愛シミュレーションとも言われていた。

システム[編集]

前作に引き続いて登場する女性。詳細はいっさい教えられない

パラメータ[編集]

パラメータは前作とまったく同じであるため、説明は省略する。

くわしくはときめきメモリアルを参照。

彼女システム[編集]

前作同様女の子はたくさん登場する。今回は卒業後もおつきあいできる彼女を作ることがゲームの目的の一つである。

自分を磨き、逢い引きに誘い、これを繰り返すことで、モテモテの男に育てることが必要になる。そのためには猛烈な努力が必要な事ぐらい、彼女いない歴=年齢の君ならわかるだろ?

幼年期システム[編集]

今回新たに加わったシステム。

高校生活の前に、主人公が引っ越しする前の響野市の4日間をプレーする。基本的には主人公を動かし、町中を散歩させる。そこでイベントを起こすことにより、幼い主人公に様々なトラウマを植え付けることが目的である。このトラウマが、ゲームスタート時のパラメータに影響したり、イベントを発生させるフラグになっていたりする。

ゲーム中の行動[編集]

部活[編集]

今作も部活は存在している。前作同様自分を磨くために入部するのだが、その目的は完全に前作と違ってしまっている。

演劇
演劇での様々な台詞回しや仕草を覚えることにより、女の子を口説くときに役に立てる。最終的には冤罪を被らせた上にカツ丼を食わせることができるようになる。
電脳部
専門的知識を身につけることにより、知的な人という印象を女の子に植え付けさせる。最終的には電磁波をあのスーパーサイヤ人顔負けの元気玉として放つことができる。
吹奏楽
音楽センスを身につけることにより、デートでコンサート会場に連れて行ったときに、女の子の好感度をアップさせる。最終的には人間風船のように膨らませられるまで肺活量を鍛えることができる。
茶道
日本古来の文化を身につけることにより、和風な男といういい印象を女の子に受け付けることができる。最終的にはスポ根野球バカ親父顔負けのちゃぶ台返しを習得することができる。
生徒会
リーダーシップを身につけることにより、女の子からの注目度を高めるとともに、何事にも女の子を引っ張っていく男らしさを身につける。最終的にはどうしようもない怒りを力に変えることができる。
野球
甲子園にでも出てみろ。それだけで女の子が近寄ってくるぞ。最終的には整地ローラーでひき逃げをすることが許されるようになる。
テニス
女の子が多いこの部で活躍すれば、女の子からの注目度は断然高くなる。最終的にはテニスラケットを人間にぶん投げて必ず急所に当てられるようになる。
バレー
力強いアタック。果敢な回転レシーブ。稲妻サーブに火の玉サーブをやれば、それは女の子がワーキャー。テレビを見ればなんとなく想像がつくだろ?最終的には宇宙まで飛び立つことができる。
陸上
グラウンドで懸命に練習に励む姿を見れば、きっと女の子は君に興味を持つだろう。それと、練習により整った肉体は女の子達にとっていいセックスアピールになるだろう。最終的にはタイヤを引きずりながら地球をあっという間に一周できる程の脚力を手に入れることができる。
剣道
己の肉体を鍛え上げることにより、自分の下半身のぴーを竹刀のように検閲により削除にする。最終的には木刀で「またつまらぬものを斬ってしまった」と言いながら人間を真っ二つにできるようになる。
帰宅部
えっ? これでモテるの? 少なくとも君みたいに自宅警備をするわけではなく、流行スポットを巡ったり、アルバイトをしているはずなので問題ない。最終的には相手の背後から通り魔のようにピコピコハンマーで襲うことができる。

上記をみればわかるように、攻略に剣道部は入る価値はない。いくらアレを鍛えたところで、それ以前に彼女を作らないとなんの意味もないからだ。

勉強[編集]

君は高校生だ。当然勉強をしなくてはいけない。勉強に関するコマンドだけでも「文系」「理系」「芸術」と3つもあるのは「高校生なんだから、勉強は当然だボゲッ!」というメッセージで、お察しのとおりPTA対策である。

しかし、テストで高得点を採れば採るほど、女の子からのイメージは当然アップする。逆に、ほとんどの女の子は馬鹿に興味はない。部活に力を入れるはいいが、スポーツ馬鹿ではプラスマイナスゼロになってしまう。ここのバランスがゲームらしい戦略が必要となる。

逢い引き[編集]

君がテストや部活で注目されれば、当然女の子へのデートのお誘いもOKしてくれるはずだ。デート先で、女の子の心に響く言葉を語り続ければ、女の子はまた誘って欲しいと思うはずだ。えっ?そんな言葉知らない? 大丈夫、3択なので、デート未経験の君にも安心だ。

女の子が君に夢中になってしまえば、あちこちのデート先で様々なイベントが発生する。それにより女の子はまた君に夢中になる。さらに、幼年期に受け付けられたトラウマがこのときに発生することもある。

前述のEVSが発信されるのはこの場面である。この電波を脳内で受信したプレーヤーは恋愛なんかどこへやら、ラブホテル(俺の部屋、教室、体育館倉庫等々)でアーン♥♥チョメチョメうふふがしたい!」と言うことしか考えられなくなってしまう。こうなったら最後、プレーヤーはその女の子をエロの視線からしか見られなくなってしまう。

注意すべき点は、ゲーム中では女の子はエロ言葉や、エロを連想させる言葉・仕草は一切やってない。イベントもエロに繋がるイベントはまったくない。それをEVS中毒のプレーヤーが勝手にエロに結びつけてしまうだけなのだ。

番長戦[編集]

前作と同様のシステムで総番長とのの格闘は可能。しかし、残念ながらゲーム内での重要性はほとんどなくなってしまった。実際にこれ以降のシリーズでは総番長との戦いはまったくなくない。

登場人物[編集]

なんども言っておくが、登場人物にエロ要素は全くない。EVS中毒者が勝手にエロ視点で見ているだけである。

通常キャラクター[編集]

陽ノ下 光(ひのもと ひかり)
声:野田順子
主人公の幼馴染み。7年前との主人公ととても仲良しで、彼が引っ越した後も一途に想い続けていたようだ。明るくボーイッシュな性格で、男女問わず人気があるが、ひとたびスイッチが入ると、陸上部で鍛えた脚が暴走超特急となり、周辺10キロが焼け野原と化す。趣味は爆弾の製造でその威力は北の最終兵器並と言われている。そのため、一部の人間からは「火ノ元光」と呼ばれ恐れられている。
水無月 琴子(みなづき ことこ)
声:小菅真美
茶道部に所属する陽ノ下の大親友。おしとやかな大和撫子だが、それは外見だけ。裏ではビンタクイーンと呼ばれており、彼女の怒りの平手打ちは顔を骨折させてしまう。粗茶攻撃も超強力である。また水色の髪で洋服も着る彼女は右翼思想が強いと見られ、鬼畜米英の言葉に異常な反応を見せる。いわゆる、「ツンデレ」もとい「ツンギレ」キャラである。
寿 美幸(ことぶき みゆき)
声:高野直子
とある年の1月1日元旦謎の暗黒組織ゴキブリの遺伝子を打ち込まれた女の子。とは言っても、正義のヒロインではない、どうやら失敗作扱いされたらしい(その名残で彼女の声から超音波が発せられる)。結局、不幸な出来事が起こり続けるだけの女の子になっており、彼女を悩ませている。その不幸は野犬ばかりか、トラック激突、UFO墜落など呼び寄せるとんでもないもの。ドジっ娘の割にはイケメン好みの困った娘である。体が異常に丈夫であり、ダンプカーに轢かれても大丈夫なほどの強靭な肉体を持つ。
一文字 茜(いちもんじ あかね)
声:野村真弓
スタイルは抜群だが、家が貧乏で家庭的な女の子。富豪嫌いで金持ちにはキレる。しかし、彼女こそがこの周辺一体を支配する不良達の総元締めである。表向きは彼女の兄がその立場なのだが、彼女の方が遙かに強い。実際不良達から「姐さん」と呼ばれ恐れられている。故に不良との戦闘では姿を見せない。
白雪 美帆(しらゆき みほ)
声:橘ひかり
演劇部に所属する黒魔術師。怒っても笑っているのが怖い。妖精カエルを小間使いとしており、実際の暗殺などはその妖精とカエルを使って行われている。黒魔術の応用で占いを得意としており、女の子から占いを頼まれることが多い。しかし、彼女の占いの指示に従わないと「地獄に落ちるわよ!」と言われ、実際にひどい目に遭う。実は恐るべき子供達計画により生まれており、某段ボール男とは親戚らしい。白馬の王子に憧れている。
赤井 ほむら(あかい ほむら)
声:くまいもとこ
高校の生徒会長。だが優秀なわけではなく「入学式から堂々と遅刻するクソ度胸」を校長に認められ抜擢された。性格は豪快で男そのもの。性同一性障害の疑いもあったが、「あたしは女だ!」と常に主張しているためそれは否定されている。主人公をこき使う鬼女。戦いでは卑怯なことも辞さず背後から蹴りを仕掛ける。しかし、彼女がつるぺたであるため疑惑は一向に晴れない。野比のび太を崇拝しているのか、彼の生き様である「くう、ねる、あそぶ」を実践している。電気人間のパクリも好き。必殺技は会長キック
八重 花桜梨(やえ かおり)
声:村井かずさ
エヴァンゲリオン零号機パイロット。無表情で感情の起伏がなく、どこかしら人形を彷彿とさせる。ゲーム中では「自分は3人目だと思う」「私が死んでも代わりはいるもの」と発言している。この学校に入学したのになにか裏があるようだが、それは彼女と親しくしていかないと明らかにならない。と言うか親しくしないと拗ねて学校から消える厄介者。過去に冤罪ダブっているが、永遠の17歳を名乗っている。
佐倉 楓子(さくら かえでこ)
声:前田ちあき
野球部のマネージャー。汗まみれのスポコンが好み。ドジだが優しい女の子ですぐに仲良くなれるが、とある直にに拉致されてしまう。幸い連絡手段は確保出来たので、その後も連絡を取り合う事は出来る。彼女と親しくしていれば、彼女は脱北してあなたに会いに来てくれる。やや太って見られることもあるらしい。コケた時の体当たりが華奢な外見によらず超強力。趣味は夜なべをして手袋を編むこと(ただし片方だけ2個編む)。
伊集院 メイ(いじゅういん めい)
声:田村ゆかり
大財閥の伊集院家の二女。前作の長女と違い、変な男に目を付けられることはない。これは彼女がパソコンオタクでさらにつるぺたであるためである。大変わがままな性格であり、それにより周辺を振り回しているが、神人ではないため実害はあまりない。全て咲之進任せでもちろん着替えもである。長女同様、ナルシストである。肝心な所がヌケており、姉が姉でなく兄だと思い込んでいた。
麻生 華澄(あそう かすみ)
声:鳥井美沙
主人公のもう一人の幼馴染み。学校へは教育実習生を経て、教師として赴任することになる。優しくて知的な美人教師なのだが、実は男好き。若い燕を喰べようと常に生徒を狙っている。ゲーム中にそんなシーンがでていないのは、ただ彼女に見合う生徒が登場していないだけで、主人公がそのレベルに到達したとたんに、教師という立場を忘れて猛アタックすることになる。不良にも説教してその本性を隠している。教師のくせに早起きが苦手であるため、「自分の選んだ道は正しかったのか?」と日々悩んでいる。

隠しキャラクター[編集]

白雪 真帆(しらゆき まほ)
声:橘ひかり
白雪美帆の双子の妹。姉と違うのは明るい性格とグラビアアイドル以上のバスト。姉のふりをしても顔や口に出るのですぐばれるが、本人は気付いていない。彼女も黒魔術師なのだが、姉と違い適当にやってしまうため、結果として、ターゲットだけでなく、その周辺5キロにも被害を与えてしまう。煌高校に通っている女スパイであり、学校の情報を姉に常に報告している。姉と同じく、恐るべき子供達計画により生まれた双子の一人で、某段ボール男とは親戚。姉から男をNTRする事に野心を燃やす。ちなみに主人公への興味が一定を超えると、「隠す気ねーだろ!」とツッコミを入れたくなるほどの服装で現れる。
九段下 舞佳(くだんした まえか)
声:山田みほ
麻生華澄の親友であり女恋人。バイトに青春を賭けており、日本のあらゆる悪徳商法に常に参加している。バイト番長なる謎の人物との関連は不明。捕まったことがないのは、彼女が要領がいいからである。また、デートの邪魔を趣味の一つとしており、デート待ちの男子に軽く声を掛けて、そのお相手の女の子を怒らせることを月に1回行っている。たまに公園のベンチに出没してはかわゆい男子を誘惑して童貞狩りをしているとの噂。若気の至りで鐘の伝説に自ら終止符を打った真犯人でもある。
野咲 すみれ(のさき すみれ)
声:本井えみ
サーカス団に所属している、空中ブランコを得意とする純粋で素朴な女の子。旅生活で年に1回しか響野市に来ない。これはサーカス興業のためだけでなく、セクシーで派手なアマゾネスが率いる美女軍団に入れられそうになっているため、それから逃れるためである。今まで捕まっていないのは、彼女には外見が小猿のデイジーという名前の使い魔を飼っているからである。最近の悩みは拒食症で体重がまったく増えないらしい。

その他[編集]

坂城 匠(さかき たくみ)
声:増田ゆき
主人公の友達で高校生ながらホストとして活躍している。そのため女の子のことには詳しく、あなたも女の子の情報を彼から入手する必要がある。女の子を奪うため、校長を使う卑怯卑劣な奴。戦闘で味方の時は全く役立たず。アレは小さいに違いない。
ちなみに、『こんな可愛い娘が女の子のはずがない!』で知られる『男の娘』はコイツが発祥。後にプレイヤー(男と腐女子問わず)に「ウホッ!」を植え付けた(夢にまで出てくる)罪は大きい。
穂刈 純一郎(ほかり じゅんいちろう)
声:野島健児
同じく主人公の友達で新宿三丁目に働く真面目すぎて融通効かないゲイボーイである。しかし、彼も彼女が欲しいらしく。いろいろと暗躍しているらしい。彼とお目当ての女の子が一致したら、あなたのお尻が危ない。注意すべし。アレは常人以上に逞しいようだ。彼のせいで剣道部はホモだらけ。ちなみに剣道部の合宿の風呂は絶対に覗いてはならない!お兄さんとの約束だぞ!
爆裂山 和美(ばくれつざん かずみ)
声:納谷悟朗
響野高校の校長で、一説には江田島平八の遠縁の親戚と言われている。非の打ち所のない名校長なのだが、唯一の欠点と言えば、氏がロリコンであり、赤井ほむらとアーン♥♥しようと、常に彼女の体を狙ってることぐらい。たまにモミアゲで有名な怪盗を追い、海外遠征する事があるが実はそっちが本職。火山の噴火を人工的に起こせる超人物。合宿の風呂場でよく遭遇するため、落胆するもとい「ウホッ!いい男!」となるプレイヤー続出。
また、部活動等の合宿で風呂を覗こうとする主人公(プレイヤー)の行動を予知し、あらかじめ主人公が覗く風呂の窓の正面でスタンバイしている場合がある事から、彼は露出狂であるとの見方もある。
三原 咲之進(みはら さくのしん)
声:室園丈裕
メイの護衛、外井同様の趣味を持つがこいつの好みは容姿が極端に高い人、つまり、肉体を鍛えてもこの人には通用しない…だが食わず嫌いを克服した鬼鮫コーチなら気にせず食うだろうな・・・
不良との戦いで自分のやばいアレを見せつける変態。メイに逆らった者はこいつので始末されるので気をつけるべし。
一文字 薫(いちもんじ かおる) / 総番長(そうばんちょう)
声:若本規夫
シスコンな今作の総番長。阿保丸出しの3人+おまけの部下がいる。別世界では偉大な皇帝陛下や世界を操る神だったりする。暑苦しくもてなずける凶暴な男だが、の茜には連戦連敗で絶対に勝てない。大好物の栗きんとんはいつも誰かに取られる。番長を名乗っているものの、結局のところニートであり、こいつがちゃんとしていれば、家庭はうまく行ってるのではないか?というのは触れてはいけない。
桜田門 長太(さくらだもん ちょうた) / 筋肉番長(きんにくばんちょう)
声:室園丈裕
見た目通りの筋肉バカ。相撲マニアで通行人を張り倒そうとする。奥義(必殺技)は「屁の突っ張りはいらんのじゃー」とださいネーミングこの上ない。筋肉バカのくせに一番弱い。要するに見かけ倒しである。
四ツ谷 甲二(よつや こうじ) / 火の玉番長(ひのたまばんちょう)
声:山田みほ
見た目通りの熱血バカ。整地ローラーを「重いコンダラ」と思い込むくらいの脳味噌である。『巨人の星』のマニア。走り出すと壁にぶつかるまで止まらない。競技は違えど、松岡修造に憧れている。
神田 秋葉(かんだ あきば) / 木枯し番長(こがらしばんちょう)
声:室園丈裕
自分はクールだと思う中二病。穂刈に剣道部を追い出されたため恨んでおり、憂さ晴らしに主人公と彼女を襲う迷惑極まりない奴である。
バイト番長(バイトばんちょう)
声:山田みほ
外見と中の人で正体バレバレだが、アルバイトで番長になれるらしい。勝手に自称しているだけかも。ステータスだけは最強だが、当たらないヨーヨーなど攻撃は最弱。態度だけはでかい。

生物兵器[編集]

修学旅行で襲いかってくる某国の闇組織が開発したと思われる決戦兵器。主人公と女の子をなぜか狙っている。倒すと色々なお土産をくれる。

キラーヒグマ
北海道の兵器。おとなしい熊が人間を食うほど凶暴化している。技はクラッシュクロー、鮭を投げるサーモンブーメラン。熊鍋好きの正義のマタギの次郎丸ショットが弱点。
鹿グレート
京都の兵器。おとなしい鹿が凶暴化したかというと絵の怪物だったりする。技は角を突き刺す暴れん坊頭突き、スタンビート。これが一番不可解なお助けの正義の虚無僧の現世忘却の呪文で絵に戻る。
ハブ・ロード
沖縄の兵器。技は巨大化してアストラルファングで主人公を丸呑みする。正義のマングースの好物で簡単にバラバラに解体される。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ゲーム発売後の影響[編集]

EVS中毒者の最悪の状態。もうこうなったら使徒に食われたほうがマシ

このゲームの発売と同時にEVSの電波の餌食となりEVS中毒になる男子が続出。ゲーム内ではエロが一つもない女の子を、ありとあらゆる妄想で自慰対象として、毎日猿のようにうふふする事態となった。

しかも、当時は問題にされなかったが、後々の研究によりEVSによる電波は毒性が強く、後遺症が残る危険な電波であることが判明した。実際、他のキャラクターに比べて2倍以上の電波(現在では精神崩壊寸前の量として禁止されている)を発信させた、陽ノ下光と八重花桜梨に関しては、現在でも後遺症に悩まされる人が多く、コナミでは、テレホンカードやグッズで精神ケアに必死になっている。

現在では、EVSは萌え電波の一つとして位置づけられ、電波量も厳しく規制されているが、このゲームは規制実施前に発売されたゲームとして、依然として危険な電波を発信しており、新規のEVS中毒者も毎年発生しているらしい。

これらとは別に、同一シリーズなのにも関わらず、前作の漢のゲームとはまったく違うエロゲームになっていたことに、前作のファンからは強烈な批判を受けている。この件については、今作のファンと子供のレベルの喧嘩を今も繰り返している。

このような状況は、当然のごとくPTAに目を付けられてしまい、後々のシリーズに悪影響を及ぼすことになる。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ときめきメモリアル2」の項目を執筆しています。