ときがわ町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ときがわ町」の項目を執筆しています。

ときがわ町(-まち)とは、埼玉県中部にあるである。

概要[編集]

2006年2月1日に比企郡の都畿川(ときがわむら)と玉川村(たまがわむら)が合併して出来た町であるが、以前は両村の間を流れる川の命名権をめぐって熾烈な抗争が繰り広げられていた。現在「ときがわ」町となっていることから、どちらが抗争に勝利したのかは言うまでもない。旧玉川村サイドの主張としては「この一帯は玉(ぎょく、宝石)が採掘されていたから、この川は玉川と名づけるのが適切である」としているが、結局のところなかったこととされてしまったのであった。ちなみに、都畿川村サイドの主張に関する史料は一切残されておらず、あまり深いことを考えていなかったのであろうが、その点について指摘した者がどんな末路を辿らされるのかはお察しください

政権[編集]

ときがわ町の初代町長は抗争の勝利者であった旧都畿川村の村長・大沢堯(おおさわ たかし)が就任(2006年2月1日付)したものの、それからたった9日後の2月10日、かの「2月10日の政変(2006年2月10日)」によって旧玉川村の村長・関口定男(せきぐち さだお)の豪腕によって一発逆転、まんまと町長の座を奪われてしまったのであった。それ以降、今日にいたるまで、ときがわ町政の主導権はずっと「旧玉川派」によって握られたままとなっているため、非常に面白くない「旧都畿川派」は「こんなことなら、いっそ独立戦争でもおっぱじめようか」などと物騒なことを企んでいるとかいないとか。ちなみに反乱計画の首謀者は、旧都畿川村の助役で現在は理事をつとめている杉田斉(すぎた ひとし)であると言われている

象徴[編集]

私を、ときがわ町のシンボルです。

ときがわ町を象徴する木・花・鳥はそれぞれヤマモミジ(山椛)、ミツバツツジ(三葉躑躅)、カワセミ(翡翠)であるが、実は町内でヤマモミジとミツバツツジを見ることはできるものの、カワセミの棲息は確認されていない[要出典]。なのにも関わらず、なぜ町の鳥がカワセミなのか? これは都畿川(玉川)から産出される翡翠(ヒスイ)からとったジョークであり、これによってこの川が「玉川」であることがより望ましいとする旧玉川派による皮肉交じりの主張が込められているのである。

教育[編集]

ときがわ町には高校が1校、中学校が2校、そして小学校が3校とおまけのように非合法の図書館が2つ(うち1つは公民館の図書室)存在している。小学校から中学校への進学率は66.6%、中学校から高校への進学率は50%となっており、ざっと計算すると高卒以上の学歴を有しているのは町民3人に1人という割合になる。しかも、町内唯一の高校は工業科(埼玉県立玉川工業高等学校)であり、町内ではあまり盛んでない工業系企業へ就職するため、都市部(浦和市大宮市など)への頭脳流出が深刻な問題となっているらしい。

温泉[編集]

ときがわ町内には都畿川地区、玉川地区それぞれに温泉があり、都幾川温泉の方が高アルカリ性の泉質を誇っており、日本一を自称している。その一方で玉川温泉は多様な効能を謳っており、疲労回復をはじめ、美肌や小顔および美乳効果(肌の引き締め?)、学業成就や縁結び、家内安全や無病息災など、もはやナントカ還元水の領域に達している。温泉につかるだけで万事そんなに上手く行くなら、人生苦労などしないものである。

UMA[編集]

近年、ときがわ町の山間部で「全身が緑色で目付きの悪い二足直立のウサギ」の目撃談が聞かれるようになった。 このUMAは町内に設置されたNACK5の送信所が発射している電波の影響で突然変異を来たしたものと推測されていることから、ラジオの影響を受けたウサギということでラジットと名付けられた。 現在、大宮にあるNACK5のスタジオには、町民の目撃談をもとに作成したラジットの姿を再現したぬいぐるみを展示し、聴取者からの情報を募っている。

関連項目[編集]