つくばみらい市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「つくばみらい市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「つくばみらい市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「つくばみらい市」の項目を執筆しています。

つくばみらい市とは、関東州にある俗に言う偽つくば市・第二のつくばという都市である。ただし、現時点では特殊な手段を使わないとこの市にいくことはできない。伊奈町が早く市になりたいなと思っていた気持ちが合併につながった。

概要[編集]

もともとは霞ヶ浦京都巨椋池にならぶ大きなため池だ。時たま、その大きなため池の沿岸から都市のように見えるという蜃気楼が現れることで有名。

21世紀半ばごろ、この池を埋め立てしようとする動きが見られた。その埋め立て地の名前を谷和原村と伊奈町と名づけたらしい。しかし、間もないうちにつくば市の老朽化を見切り、つくばみらい市というとってもすばらしい市名にしたという。

それと同時に、大都市開発プロジェクト・未来研究都市開発プロジェクト・未来工業都市開発プロジェクトが発動した。 第二のつくばと称しつつ、実はつくば市を占領し、つくばの座を奪おうと軍備を進めているらしい。

ちなみに、市の憲章が破壊は創造の始まりなり!らしい。

主産業[編集]

22世紀前半(つくばみらいの黄金期)の時点でだと・・・

・・・という時空旅行に行った人による話である。

名物[編集]

  • 僕余裕自動車によるだん吉
  • だん吉グッズ

軍備[編集]

Mikuru Asahina.jpg
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。

現時点での交通手段[編集]

通常の交通手段ではいくことは不可能であり、以下の手段を使っていくしかない。

  • 東京キテレツの家に行き、航時機に乗せてもらう。
  • 東京の野比家に行き、のび太の机のとある引き出しの中にある乗り物に乗る。ただし、ないこともあるので注意。
  • ペンギン村の則巻家に行き、そこのはかせにタイムくんを生産してもらいそれを利用する。


注意点として、いずれも他人の家経由であり、ゆえに礼儀作法・服装をしっかりして行く必要がある。
もちろん、見知らぬ人の援助を受けるのだからお礼品(ギフトでも金一封でもいい)を持っていくことを忘れずに。
それに、後述の理由から移動する時代設定を間違えてもいけない。

また、ブラックホールを作り出し、体を反粒子に置きかえて地平面に飛び込むという方法も存在することはするのだが、残念ながら現在は体を反粒子にする技術は開発されていない。たとえ22世紀になっても開発されていない。

羊歯身螺胃に聞けばわかるだろう。

未来のつくばみらい市へのアクセス方法[編集]

つくば駅から、つくばエクスプレスではなく未来本線に乗る。つくばみらい駅に行ったら、みらい村行きのつくばみらいバスに乗る。それで行くんだよ!

つくばみらい市のみらい[編集]

22世紀後半には、地盤沈下と地球温暖化の影響により水没していたらしい。未来の学者の一説によると、 こっちが未来のつくばという称する市名に問題があった。つまり、通称「ウリナラ市名」にしたことが問題である。そのため、天罰が下り水没したらしいという説が未来の学者の間ではもっとも有力である。 それに、ここの産業の多くは、衰退を見切りつくば市に戻っていったらしく、末期にはゴーストタウンになっていたとのこと。
その後、再びため池に戻り、つくばみらいは「儚い」ということばの隠語になっていったという。

類似するウリナラ市名[編集]

  • 太平洋市 同じく関東州だが、この市名にする計画は未遂に終わった。

関連項目[編集]