ちんちん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ちんちんとは、夜雀の鳴き声を表す擬声語それ以上でもそれ以下でもないちゅんちゅんと表記する場合もある。

使用例[編集]

その他のちんちん[編集]

  • イヌの初歩的な芸のひとつ。後足だけで立ち上がらせる。
  • 路面電車の俗語、チンチン電車の電鈴。
  • 主にガラスの食器で叩くときの。何か催促するときに行われる。
  • 初期にあった電子レンジで温めが完了したときに発せられる高い音。
  • 名古屋語で、激しく熱くなったものをさす語。「やかんがちんちんになっとる」などと使う。何故かこの言葉に興奮してネットラジオで連呼して笑い続けた某ヲタ系声優が存在する。
  • 富山弁で「正座する」こと。普通は「ちんちんかく」と言う。
  • 麻雀清一色のこと。特に手役が清一色のみのときに言う。
  • 鉄瓶を用いてお湯を沸かした時の擬音。古典落語の名作「元犬」でも使われた由緒正しき擬音であり、落語以外の表現手法で使用する場合には、落語協会への申請許可が必要。ちなみに笛付きケトルの擬音はぴー

この言葉を何気なく聞いただけで、こんなものを想像してしまう人は、沖縄県ラムサール条約に登録された湖の話、それにインカ帝国創始者の名を聞いても別のものを想像してしまうだろう。中二病の典型的な症状なので、気をつけたほうがいい。

関連項目[編集]

Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「ちんちん」周辺は治安が悪化しているため、渡航の延期をお勧めします。