ちょい悪オヤジ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ちょい悪オヤジ」の項目を執筆しています。

ちょい悪オヤジ(-わる-)とは、2002年に誕生し社会問題となった迷惑中年男性の総称である。現在は沈静化しつつある[要出典]

概要[編集]

ちょい悪オヤジはその名の通り「ちょい(=軽度の)悪(=犯罪者)」であり、多大なストレスを抱えた40代以降の所謂中年男性がそうなりやすい。かつての好景気時代もストレスフルな社会ではあったが金にモノを言わせて風俗ギャンブルが良いガス抜きとして活用することで、ストレスを押し返し活力を得ることが可能だった。しかしバブル崩壊とそれに伴う支出と収入のアンバランススパイラルが、そのような贅沢をする余裕を男性から奪い取ってしまったのである。癒しを失った男性たちは援助交際や違法な換金を行うパチンコなど犯罪行為に手を染め、それによる暴力的カタルシスへと走ってしまった。その為90年代半ばはこういった犯罪件数が劇的に増え、大きな社会問題となっていく事になる。

しかし21世紀に突入すると、警察組織のIT化データベース化によって法の網の目が狭まり、また社会全体の不寛容さが増したことで「更正した(となっている)元犯罪者」への陰湿な差別や排斥が日常化。カタルシスを求めて罪を犯す事は、あまりにもリスクが大きすぎると忌避されるようになり、彼らはまた新しい現代的でローリスクな癒しを求めるようになる。そこで目をつけたのが「微罪」という考え方であった。例えば立ち小便やチョークを使った道路への落書きは立派な犯罪だが、よほど規模が大きくない限りは対面での叱責や書類による処分で終わり刑事事件として起訴される事はまず無い。これは「被害者がいない若しくは極めて少ない犯罪は、警察や裁判所の負担を考え一々罰しない」という原則に則ったもので、「前歴」にはなるが「前科」にはならない。ちょい悪オヤジとは、こういった微罪によってストレスを日々少しずつ発散しながら生きる中年男性であり、「捕まらなければ問題ない」とアンチマナー行為を繰り返す非常に厄介な「不良中年」と言える。

しかし10年代に入ると更に世間の目が厳しくなり、また「犯罪行為によるカタルシス」という考え方自体が時代遅れとなり急速に廃れていった。ちょい悪オヤジを特集する記事を何度も載せていた雑誌『レオン』も休刊し、現在ではちょい悪オヤジと呼ばれる人間はほぼ社会から姿を消している[要出典]

「ちょい悪」の例[編集]

セクシャルハラスメントの例。
軽度のセクシャルハラスメント
そもそも日本にはセクシャルハラスメントを罰する法律がなく、セクシャルハラスメントによって逮捕される事はない。だが強制猥褻や強姦罪に問われる可能性はあるため、そうならない範囲でセクシャルハラスメントを行いストレスと性欲を発散するのである。
直接触れるのではなく軽口を叩いたり、「シャレだから」として冗談半分で口説くなど、訴えられない範囲である分悪質である。また彼らは「欧米では挨拶だから」と言い逃れようとする場合が多い。
軽度の違法なギャンブル
一円パチンコや図書券をかけた麻雀など、違法は違法だが警察が動くほどではないレベルの非公営ギャンブルを日常的に行う。こういった違法ギャンブルは暴力団ならず者国家の資金源になるとも言われており[要出典]、長期的に見れば国益を損なう「極悪オヤジ」と言える。
また種銭を求めて家族の財布に手を出すなど、家庭内金銭問題は司法の目が及ばないことを良いことに様々な犯罪の切っ掛けとなている。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]