ちゅるやさん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「世界の全家庭にちゅるやさんを一人ずつ配備すれば、少量のスモークチーズと引き替えにこの世から争い事などなくなることでしょう。」
ちゅるやさん について、休眠中の原作者
「しゅーんてなってるちゅるやさんがスキです(笑)」
ちゅるやさん について、ちゅるやさんの原型作成者

ちゅるやさん(英:Churuya-San)は、スモークチーズが大好きな不思議な生き物で、ちょろんと鶴屋さんに似ているけど別物なんだよね。

めがっさちゅるやさん

特徴[編集]

ちゅるやさんのにょろーん(´・ω・`)
良く似たあしゃくらさん
三国志にも登場したにょろ~。
  • 一見するとぬいぐるみのような風貌だが、実際そんな感じである。リュックサックに入る。
  • 手へと発達した前足は伸縮性があり、勢いよく振り回すことによって飛来する昆虫を捕獲する。ただし捕獲できる確率は著しく低い。また、捕獲してどうするわけでもなく、更に伸びたところで大した長さにならない。自分の頭頂部まで手が届かないぐらい。
  • “にょろにょろ”という効果音や”ちゅる”といった語感は生態から来る物である。多分。
  • チュパカブラなどの近縁にあたる生物であると言われている。いい意味で

概念[編集]

  • 基本的に鶴屋さんをデフォルメされてるように思われるけど、実際には別物なんだよ。
  • とてもかわいらしいけど、手は短いから結構大変なんだとか。
  • 物事に関する意欲は旺盛的で、特にスモークチーズを与えるとすごくおおらかになるよ。
  • 最近は本スレ荒らしでちゅるやさんのAA(主に(´・ω・`))がよく使われててにょろーん。(実況スレでも良く使われているっぽい。kwskはぺんぎんを参照するにょろ。)
  • 普段はキョンを相方にしていることが多い。
  • 一般人から見ると不憫だろうが、アレはアレで本人は楽しんでいたり、楽しんでいなかったり。 

使用上の注意[編集]

  • スモークチーズを与えすぎるとめがっさにょろにょろになる。
  • めがっさ・にょろーんを過度に使用すると精神に異常をきたす場合がある。
  • にょろにょろにょろにょろにょろにょろにょろにょろにょろ。
  • 遂にキー局発のニュースでも登場した。
  • モータースポーツの世界にも登場[1][2]。ドコまで広がるちゅるやさんの輪。

ちゅるやさんと鶴屋さんの関係[編集]

実際幾つか説はあるんだけど、実際は謎にょろーん。

  1. 鶴屋さんの一族と同盟関係の「機関」が人体実験の材料にするためにソウル大学の黄禹錫(ファン・ウソ!?)教授と共同で鶴屋さんのクローンを作ろうとしたが失敗。その時に生まれたのがちゅるやさんなのだが、結構かわいかったのでそのまま機関のマスコットになっちゃった説。ちなみにその後黄教授はソウル大をクビになった。この説が正しい場合、「ES細胞の捏造で解雇」、というのは表向きの発表であると考えられる(嘘をつけ!)。
  2. 上記と同じ目的で錬金術の第一人者・エルリック兄弟に依頼して新たに鶴屋さんを錬成しようとしたがやはり失敗してその時生まれたのが以下同文。この説が正しい場合、エルリック兄弟が姿を消したのは「機関」に抹殺されたためであると考えられる。
  3. 鶴屋さんの所属する「機関」が工作活動をするために、その筋で高い技術を持つ麻帆良学園ロボット工学研究会と本田技研エ業との共同で鶴屋さんのロボットを作ったのだが設計上のミスで以下同文。
  4. 絶対神こと荒木飛呂彦が、鶴屋さんを模したスタンドとして本人に内緒で生み出したが、役に立つとは思えず、可愛かったので「機関」に売り渡した。ちなみに荒木がウルトラジャンプに移籍したのはその為だと思われる。

上の三つの説を見ると、ちゅるやさんは有機生命体やロボットの可能性もあるって事。でもやっぱり謎。ただ共通している事はいずれの説も結局「失敗作である」という結論にたどり着き、でも可愛かったのでそのままマスコットになったという結果。かわいいは正義。

テレビドラマ化[編集]

ちゅるやさんは2001年春、NHKの朝連続テレビノベルでドラマ化され放送された。低迷気味だった連続ノベルシリーズの中で当作は久々の高視聴率を記録し、ゴールデン枠で続編が数回放送された。ちゅるやさん (ドラマ)を参照。
続編も制作された。ちゅるやさん2を参照。
さらに映画も製作された。ちゅるやさん・ザ・ムービーを参照。
えれっとの手で漫画にもなった。にょろ~ん☆ちゅるやさんを参照。
2008年には、フンドーキン「ピュアメイド・ドレッシングハーフ」のCMソングを唄っている模様。

アニメ化[編集]

ドラマ化についで、えれっとの漫画である「にょろ~ん☆ちゅるやさん」は角川の公式漫画と共にアニメ化までされた。これによりちゅるやさんは、2009年2月からそれまでのフリーではなく、角川書店に所属する芸人となった。

関連項目[編集]

最近コンビニでバイトを始めました。

外部リンク[編集]

Mikuru-01.svg 涼宮さんにこの書きかけ項目ちゅるやさん」を加筆する様に言われたんですけど…。あのぅ…じゃ加筆できないので代わりにあなたが加筆して下さい…押し付けて本当に御免なさい…でも加筆を御願いしますぅ。 (Portal:スタブ)