たけしの挑戦状

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事を開いた君はえらいっ

たけしの挑戦状( - ちょうせんじょう)は、1986年12月10日公開の日本映画で、監督はビートたけし(北野武)。タイトー配給。ビートたけし名義での監督作品としては初のものであり、同時に実質的な映画監督デビュー作[1]でもある。

概要[編集]

バッドエンド版のエンディングは、あまりにも有名。

通常、ビートたけしが映画監督として使用する名義「北野武」でなく、「ビートたけし」を使用したことには諸説あるが、従来の北野作品に見られるような暴力性よりも痛快なバラエティ性を重視したためという見方が有力視されている。[2]たけし本人はそれについて特に語ってはいない。しかし、スナックやパチンコ屋のシーンにおいてのヤクザとの殴り合いや銃撃戦等の過激なシーンが無かったわけではない。

エンディングのスタッフロールネタでも有名である。たけしの「えらいっ」という一言のあとに何もない暗闇が5分間も続くというかなり前衛的なスタッフロールで、5分間待った頃に「こんなげーむにまじになっちゃってどうするの」というたけしの一言が入るというもので、スタッフの紹介等をまったく行わないという前代未聞のものであった。「こんなげーむに~」の部分に気付かなかった者も少なくないという。

また別バージョンとして「バッドエンド版」が存在しており、こちらはエンディングがたけしの葬式シーンに差し替えられている。

作品の評価[編集]

狂気を感じさせる描写はその後の北野作品に受け継がれた。

監督作品でありながらも、登場するモチーフや主人公の劣等感と鬱屈にまみれたキャラクター、被虐的な佇まいはまさに武映画そのものである。 後の映画にも出てくるたけしの自殺願望が早くもこの作品から現れており、バッドエンドバージョンのたけしの葬式シーンはあまりにも有名である。 また、退廃的な街の雰囲気は『その男、凶暴につき』に通じるところがある。 「常識があぶない」というキャッチコピー3-410月のキャッチコピー「ワレワレノ脳髄ガ危ない」と非常に似通っている。 遠くの島へ旅に出る、日常のしがらみからの逃亡といったモチーフ3-4X10月『ソナチネ』『HANABI』といった後の監督作品にも生かされ、海外でもこの作品を評価する声もあるそうだが、一方で北野作品らしい不条理な展開も多く、特に終わり際の展開に疑問の声が上がることも少なくない。 全体を通して退廃的かつ幻想的な作風ゆえ様々な解釈をされる。

南の島において「土人(作中の表現)」をライフルで殺すシーンなどもあり、人種差別的な表現から批難の声も浴びており、今なお賛否両論ある作品となっている。

あらすじ[編集]

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、クラウド・ストライフはソルジャーではなく一般兵であることや、シャドウの本名はクライドであり、リルムの実の父親であることや、ネズミのトーポの正体は、主人公の母方の祖父グルーノであることや、無法松の正体はクルセイダーズの初代総長で、アキラの父を殺した犯人であることや、獅子重録兵衛はゴエモンの子孫であることや、アデルが悪魔化しないのは純血の悪魔だからであることや、黒須太一は独りでループ世界に残ることや、月宮あゆは生霊のようなものであることや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、Wiiリモコンやコントローラーを手放さないようにしてください。

日本編[編集]

日本のある都市、そこは暴力と欲望にあふれていた。 うだつの挙がらないサラリーマン、北野(ビートたけし)はその街の住人であった。 その日常は決して恵まれたものでは無かった。家族に疎まれ、会社ではいびられていたのだ。

ついに北野はやけを起こし、会社や家族、すべてを捨ててしまう。 ある日ヤクザとの喧嘩に勝った彼を見込んだ老人からの紙を渡される。 だがその紙には何も書かれていなかった。 激昂した北野はその老人を撲殺してしまう。 しかし実はそれは南太平洋に浮かぶヒンタボ諸島に眠る財宝の地図だったのだ。 北野は自分の中に目覚めた何かを求めて旅に出る。

「“自分の存在を無かったことにする”か“他人を無かったこと”にしない限り、宝を得ることはできない。」極限状態の中で芽生えだした狂気にその精神を蝕まれつつ、彼は日本を飛び立とうとしていた。

ヒンタボ編[編集]

ヒンタボ、そこには物々交換はするものの心を許さない住民や敵対的な動物達が生息していた。 はじめは異郷の地に非日常を期待していた北野だったが、かつていたあの街と本質的に変わらない事に気付き幻滅する。 そんな中、北野はようやく宝を見つけ出す。

北野は形容し難い達成感に浸った「えらいっ」そう俺はえらい。がんばった。 しかしその直後、ある疑問が脳裏がよぎったのだ。 財宝を手にしてどうしようというのか。日本に帰っても自分を必要とする人間は誰もいない… 死ぬまで孤独人生が待っている…

北野の目の前は真っ暗に染まった。 五分程経った頃であろうか、北野はポツリと呟いた。





















「こんなげーむに まじになっちゃって どうするの」






















真相[編集]

(ドラッグで表示↓)

実は北野はヤクザと喧嘩に負けて死んでおり、紙を渡した老人から「こんなげーむに~」までは彼の死ぬ瞬間に見た心象風景だった。

彼の言う“げーむ”とは宝探し及びサラリーマン北野の人生(ゲーム)の事。

出演者[編集]

こんな記事にマジになっちゃってどうすんの
北野:ビートたけし
しがいない中年のサラリーマン。喧嘩は強く暴力的な行動をとることも多い。
歪んだ日常に疑問を抱き旅へ出る。
社長
座右の銘は「愛人」(社長室にある額縁に飾ってある)。
パワハラ、給料不払いは当たり前である。
ヤクザ
理由もなく北野に襲いかかる。
北野はこの街のヤクザと何か因縁があるのかもしれない。
北野の妻
鬼嫁。
謎の老人
北野を見込んで宝の地図を託す。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

共通点のある映画[編集]

  • その男、凶暴につき
子供ホームレスを殴り殺す、警察麻薬組織と癒着する等の退廃的な街の雰囲気と響きあうところが大きい。
本作のように一般人主人公ヤクザ相手に本格的に喧嘩を買う。
  • ソナチネ
美しい離島のなかで破滅の道を辿る等の重なる部分が多い。
  • みんな〜やってるか!
コメディー、同じようなネタが複数見られる。うんことか。
  • HANA-BI
悲しい現実からの刹那的な逃避行を描いた点、夫婦家族のカタチについて掘り下げている点で本作の影響が強く伺える。
  • BROTHER
主人公が遠い異国の地で自分の居場所を求める点、葬式シーン等の類似点が見られる。
  • アウトレイジ
暴力と暴言の応酬の中に笑いを入れるスタイルは本作に通じるものがある。
  • アウトレイジ ビヨンド
上に同じ。

関連項目[編集]

参考[編集]

  1. ^ 『その男、凶暴につき』の公開が1989年であるため、こちらの方が早い。
  2. ^ 同じくバラエティ性を重視したコメディ映画『みんな~やってるか!』のクレジットもビートたけし名義になっている。


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「たけしの挑戦状」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)