たかはし智秋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「智秋のおっぱい、ミナミっちのおっぱい両方捨てがたい。あぁ両方にはさまれたい。」
たかはし智秋 について、谷山紀章

たかはし 智秋(いしばし ともこ たかはし ちあき、1977年1988年5月8日 - )は、日本演歌歌手であり(プロ智秋と呼ばれることもある)、元グラビアアイドル兼AV女優。副業として声優アイドル歌手をしていることもある。愛称はチアキング画伯キングエロ姉ちゃんサル厚化粧

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「たかはし智秋」の項目を執筆しています。

これまでの軌跡[編集]

デビューまで[編集]

  • オフィシャルのBlogに青二塾に入る前の演劇の情報が書かれている事から、かなりの親友が運営しているものと思われる。2010年5月8日現在で、12歳で舞台を経験している事になる。
  • 1997年当時、B87、W63、H89という情報がある。10歳でこのスリーサイズは胸囲脅威…っつーか、バケモノ
  • 今は知らないが、昔はペットに鶏を飼っていた。
  • 中学生から青二塾卒業後までは、親が師範でやっていた空手道場で空手をしに行っていたらしい。気安く近寄るとサムカワのギャクだけではなく、本当の大やけどをすることになる。
  • 高校時代は演劇部だった。
  • 青二塾に入塾する際、本当は「はとバス」のバスガイドの内定を貰っていたが、カリキュラムと一年間みっちり勉強できる全日制だった青二塾を選んだ。(他に俳優養成所を三箇所受けていた)
  • 性格と外見がじゅーしーでぽーりーな感じのため、“かなり軽い性格ではないか?”と見られやすいが、実際はものすごく真面目である。実際には本人はピエロを演じている感じである。
  • デビュー当時の特技は「空手」と「演歌を歌うこと」であることから、今の演歌歌手の職業は天職であると言える。

青二プロダクション時代[編集]

  • 青二プロダクションは声優プロダクションとしては、古くから自社で育てて、声優にする傾向があり、青二塾で優秀だった生徒を青田買い選抜して、ジュニア(事務所預かり・研修生)として、所属させていた。
  • 高橋千晶(当時の芸名)の場合、卒塾と同じ位に、当時はゲーム業界の中でも人気育成ゲームであった卒業シリーズの「卒業Ⅲ」のヒロインを射止めた。ちなみに1998年にはこの他に、8本程度のゲームにも出演している事から、生え抜きでは実力派だったと言える。某青二ミュージアムでもアルバイトで入っていなかった事から、家計で困っていた事はないらしい(声優になる事を反対していた両親に実家を追い出される時に叩きつけられた100万円と、同棲していた彼氏が懸命に男に体を売って働いて生活費を稼いでいてくれていたおかげであったと思われる)。
  • 大人の事情で、青二プロダクションのジュニアから、アーツビジョンへ移籍する。(青二塾17期の中では、一番活躍している。他の同期は……お察し下さい。)

アーツビジョン時代[編集]

  • デビュー当時は本名でやっていたが、事務所移籍を機会に変えた。現在の芸名の由来は、「ねるねるねるね(小さい子は三十路以降の大人に聞いてみよう。お菓子のCMだ!)」のCMのババアみたいな占い師に姓名判断をして貰い、「どの名前が良いのか?」と聞いた際に、追加料金3000円で教えて貰い、現在の芸名に至る。
  • アイドルっぽいこともしていた。
  • 胡散臭い辞書に書かれているので、そっち見てください。
  • アーツビジョンとのマネジメント契約を辞めたのは、当時の社長が未成年に猥褻な行為を行ったためと考えられているが、智秋をマネジメント制御出来る人材がいなかったためとも思われる。

フリー時代[編集]

  • 最近はA系(秋葉原系)とB系(Black/黒人文化系)を結ぶAB系を目指しているらしい。しかし、本人はO型である。
  • フリーになりすぎて、テレビやグラビアの出演も精力的に行っている。グラビア撮影では、普通の声優では出来ないレベルの肌の露出をしている。普通のグラビアアイドルと比較しても、年齢の割に見劣りしない。お世話になっております。
  • 生まれて初めての海外はアメリカだった。しかし、2009年5月上旬はH1N1型の豚インフルエンザがパンデミック寸前まで流行しており、感染者の多い地域に行く等、危険と隣合わせだった。10回目の23歳の誕生日はアメリカのシカゴで過ごすことになった。さらに同年9月26日、A Night in Fantasia 2009に出演するために行ったオーストラリアのシドニーでは、過去70年間で史上最悪の赤砂が接近している状態であった。嵐に突っ込んで行ってるんだか、はたまた嵐を起こしているのか……どちらとも取れる声優、それがたかはし智秋である。
  • フリーになってからおよそ2年弱の間、仕事依頼の窓口が一部の業界関係者しかわからず、たかはしがパーソナリティを務めていたラジオ番組を介して仕事依頼が来るという事が続いた。2009年7月よりマネジメント契約を行い、公式の窓口が出来たと同時にファンレターやプレゼントを贈る場所も明記された。イベントで渡すしか手段がなかったファンはJPYの涙を流して喜んだ事は言うまでもない。

エイベックス・マネジメント時代[編集]

  • 2010年8月、何をトチ狂ったのかエイベックスがたかはしの身元引受人になることを表明。なお、声優のはずなのに声優事務所であるエイベックス・プランニング&デベロップメントでは無く、倖田來未が在籍しているエイベックス・マネジメント所属となっている。
  • はっきり言おう!所属事務所からお察しの通り、もう声優じゃなくてグラビアアイドルである。信長書店で撮影会だと![1](期限切れならすまん)!、しかも他はAV女優ばかりである。AVに転向するのか!するんだな!オカズとしてご飯3杯はいただきだ!。
  • 上記のとおりフジテレビ深夜『ピカルの定理』で出演者のゴシップを暴く天の声役をやっているが、実のところ本人の方がゴシップが暴かれそうな立場だったりする。
  • 2012年1月から「ギルガメッシュLIGHT」に出演。もうなんというか・・・好きにしてくれ!

逸話[編集]

性格等[編集]

これでも欲情..ゲフン、ゲフン!
  • 一般紙のグラビアに出ている事からもわかるように間違いなく美人の部類に入るのだが、そのチェケラッチョな性格のせいなのか何故か良い虫も悪い虫もくっ付かない。小野Dをはじめとする男性声優陣には「エロいけど欲情しない」と言われる。2ちゃんねらーからは「早く嫁に貰ってやる奴、立候補しろ!」と心配されている。私? いや、どうぞどうぞ
  • 関智一LOVEだが、あの(説明は不要であろう)関でさえドン引きしている...らしい。積極的(性的な意味で)アタックが裏目に検閲により削除.....まぁお幸せに。
  • 普段は姉御肌だが、好きな人の前に出るといきなり女の子になってしまう。速瀬水月そのままである。
  • Too shy shy bitch(とても恥ずかしがり屋の性悪女)と言っているが、実際は大人の会話もできる純な生娘である。
  • 関東地域では有名な「ハトヤホテル(温泉付きホテル)」のテレビCMがお気に入りらしい。ちなみに今も営業しているが、そのCMを見られる事は稀。今はテレビ神奈川でしか見られなかったはず。
  • はとバスと言い、ハトヤホテルと言い、どうやら鳩が好きらしい。そのため、政治についても恐らくハト派であると思われる。
  • 好きなタイプは「一反木綿」であり、通常のアニメオタクの二次元を通り越して、さらなる高次である一次元好きとレベルが違いすぎる。
  • 「キッパー」(「切符」に「er」を付けたもの。「切符利用者」)を自称していた。Suicaを使うと運賃を高く取られると思っていたらしい。結果、いちいち切符を買いに行き、電車に乗り遅れそうになるたかはしに対して浅野真澄が「Suica買えや、ゴルァ!」と公衆の面前で叱責したのは言うまでもない。
  • Too shy shy bitchだが身持ちは意外に固く、(恐らく彼氏ではない)男性とドライブへ行った際に「ヤらせて」と言われ、断った結果、森に捨てていかれたという稀有な体験を持つ。今流行りの「森ガール」の最先端である。

[編集]

  • 酒乱であり、酒好きでもある。特に仲のよい今井麻美とはよく一緒に酒を呑み、酔っ払ったたかはしが酔っ払った今井を押し倒す事が多々あるとされる。そのため、「二人は付き合っている」と(主にたかはしが)公言している。ちなみに相手の今井は、中村繪里子との三角関係に揺れているとかいないとか。
  • THE IDOL [email protected] RADIOで、お正月企画の際、おせちの隠し味にテキーラを入れ、食べるものすべてを地獄に葬り去った。このおせちは後にデスおせちと呼ばれる事になり、「おせち食わすぞ!」という恐怖の用語が生まれた。

画伯[編集]

  • 見るものの魂を根底から揺さぶる画力を持ち、個展を開くに至った。絵の方の代表作には「ゴーヤ」「滑車付きギロチン」「鰐」などがある。
  • トントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントントン(ry

機械オンチ[編集]

  • 極度の機械オンチである。彼女が触れた電気機器は、そのことごとくがスパーク・炎上・爆発の3連コンボを決める。たかはし智秋に機械を触らせてはいけない。ちなみに、巻き込まれたら当然アフロだ。
  • ノートパソコンを買ったのに「最近のパソコンはマウスが付いてないんだねー」「ドラッグって、お薬?」「ブログ書くのに二時間ぐらいかかる」等と発言するなど、ミンゴス若林直美、バンダイナムコゲームスの小野田Dらに操作を教わってはいるが、やはりまだまだ使いこなすまでには君が望む永遠に近い時間がかかるものと思われる。
  • パソコンのキーボード入力操作捜査は人差し指で行っている。

おっぱい[編集]

  • 三浦あずさ同様おっぱいが大きい。さすがにFカップまでは行かず、DカップからEカップと推測されるがどうなんでしょう(誰に聞いてるんだ)。君のぞファミリーにはさらにでかい栗の子が、aice5にももっと大きいとされるが、アイマス部にももっと大きいと思われる平田宏美長谷川明子がそれぞれいるためか、それほど巨乳キャラとして定着してないのが不思議なところである。さらに付け加えると下田麻美滝田樹里も相当なものであるため定着は困難であろうと推測される。        
  • 反面、ヒョウ柄を愛用したり、おっぱいの3/4を放り出すような服を普段から着るなど、「エロ姉ちゃん」としての名声も高い。TV出演時には男性共演者が目のやり場に困っていることがよくある。
  • Radio School Days第38回放送分で、アフレコ現場に薄着や露出が多い服装で来るので目のやりどころに困ると男性声優が言った際、「(見るのは)セルフサービスです。」と言ったら、全く見られなくなった。勿体ない
  • sabra2009年2月号に結構きわどいグラビアが掲載。同年7月号にはDVDのおまけでグラビアアイドルを差し置いて、2番目(1番目は原幹恵)で押されている。そして、休刊のため最終号となった同誌2010年3月号で巻頭を飾った。髪ブラ・手ブラ・縄プレイをする性優声優は後にも先にも彼女だけであろう。

その他[編集]

  • ツンドラ声優を自認している。あれ? 歌手じゃなかったっけ? 「ツンドラーのリスト」を作っているらしい。普段からネタ帳を持ち歩いている谷山紀章とこの点でもお似合いといえる。
  • サムカワイイという概念を提唱。ギャグを外すという芸人にあるまじき行為を正当化する免罪符を作り上げた。芸人じゃないのはこの際置いておこう。
  • 2007年に「23歳教」を提唱した。「17歳です」と言うよりも突っ込まれにくい空気をかもし出すらしい。今井麻美が教団患部平田宏美はブログに堂々と生年月日を貼り付けていたため破門かと思われたが、現在でも在籍中らしい。最近になって広橋涼も強制入信。今のところ信徒は全員昭和52年生まれである。巨大与党である17歳教教祖に対して果敢にも政権交代を主張するが、何ぶん弱小野党であり、教祖同士の党首討論も夫婦漫才か何かにしか見えないという声も多数とあって、政権交代への道は極めて険しいものと思われる。

出演作品[編集]

関連項目[編集]


Yuichi Nakamura.jpg この項目「たかはし智秋」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)