たかが電気

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

たかが電気(-でんき)は、音楽家・坂本龍一が発見した電気の一種。通常の電気とは異なる働きをする。「たかが電気のために」というフレーズで言及されることが多い。

概要[編集]

東日本大震災による福島第一原発事故から続く原発問題で、電力問題が浮き彫りにされた際、坂本氏が「さようなら原発10万人集会」でその存在を確認した。京都大学原子炉実験所助教・小出裕章がその約一年前に発見していたことは誰も気にしない。主に原子力発電所で作られた電気をこのように呼ぶ。この電気は日常生活に必要な電力とは違い人間の生命にマイナス効果を発揮することが特徴的である。たかが電気で豆電球を点灯させたり、シンセサイザーを演奏したりすることは可能だが、使用の際ネット上で大きな批判を浴びることもあるので注意が必要である。対立する存在としてされど電気がある。

性質[編集]

たかが電気には次のような性質がある事が確認されている。

  1. 命を危険に晒す。
  2. 美しい日本、国の未来である子供たちを危険に晒す。
  3. 作るために電力会社への依存が大きくなり、払った金がまた原発施設の為に使われる。
  4. 命よりも途轍もなく軽い存在。
  5. マスゴミや(もしくは)たかが電気の一部しか知らない人々に電気が不要と言うことだと誤認させる。

以上のようにたかが電気は殆ど通常の電気としての効果は期待されていない。よって人間社会には不必要なものとされている。ただ、第5項において多くの人々がたかが電気を「熱中症を引き起こし、死人を出す」「病院が機能しない」等といった効果があると認識してしまったが、それはただの誤解である。反政府的な意見を国民に非難させるように国家がマスゴミに圧力をかkうわなにをするやめrくぁwせdrftgyふじこlp…電気が不必要である訳が無い。

最後に[編集]

Keeping silent after Fukushima is barbaric.

関連項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第20回執筆コンテストに出品されました。