そろばん (楽器)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、楽器としてのそろばんについて記述しているばい! そろばんという名のローラースケートにつ・い・て・は「そろばん」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「そろばん」の項目を執筆しています。

そろばん(算盤、十露盤とも)とは、日本で最も普及したと考えられている和楽器である。現在では中学生の演奏者が多い。

概要[編集]

そろばんは他の和楽器と比べて比較的安価で手に入れることができ、江戸時代にはすでに一般庶民に普及していたと考えられる。また庶民の間ではそろばんは縁起の良い楽器だとされており、お金の話や計算をする際にはこのそろばんを演奏していた。また外出先などでそろばんを持っていない時でも、「算盤を弾く」という言葉でわざわざ代用するほど、社会の中に根付いていた。

演奏方法[編集]

一般的なそろばんの楽譜。

右の画像のような数字が羅列された楽譜を見ながら、のように親指と人差指で演奏する(弾く)。そろばんを弾くと独特の「パチン!」という乾いた音が鳴り、それをリズムよく繋げることによって楽曲を表現する。

教育とそろばん[編集]

江戸時代における庶民の教育機関である寺小屋では、「読み、書き、そろばん」を中心とした教育を行っていた。これは、当時音楽が、生活に必須となる国語と同等に重要とされていたということを表している。この文化は、現代でも世界から「美しい」と絶賛される日本の伝統音楽の基盤となった。

検定[編集]

中級演奏者のそろばん。

検定はそろばん奏者個人の実力を測るためのものである。10級から十段までの20段階にレベルが分けられ、受験者には当該レベルの楽譜が配布される。それを制限時間内に演奏し終え、その正確さによって合否を判断する。また、高位の段になるにつれて高速で演奏しなくてはならないため、有段者の中には楽器の実技試験であるにもかかわらず、時間を短縮するために脳内で演奏をする者も存在する。なお、合格者には右の画像のような目障りなシールが贈呈される。

競技会[編集]

定期的に開催される合奏会であり、各地のそろばん奏者が一同に介して共に演奏する。楽譜は基本的に奏者全員にで配布されるが、競技会では伝統的に指揮者が楽譜を読み上げ、それを奏者が聞いて演奏するという手法も取られる。この時の楽譜の読み上げ方は独特で、「願いましてぇ↓はぁ↑、三↑百八十↓円なぁ↑りぃぃ↓、百九↑十六円なぁ↓りぃぃ↑...」のように強弱を強くつけながら読み上げる。これは百人一首などの和歌にも通ずる読み方で、日本人がもっとも美しいと感じる読み方とされている。

関連項目[編集]


この項目「そろばん (楽器)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)