それは仕様です

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「それは仕様です」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

それは仕様です(- しようです)とは、コンピュータソフトウェアの使い方をテーマしたバラエティ番組である。かつてはマイクロソフト社1社の単独提供だったが、現在では数え切れない会社が提供している。

概要[編集]

1995年(平成7年)、Windows95が発売され、コンピュータソフトウェアとの関わりが一般人にもより強くなることが確実視された頃に放送を開始した。 当初、マイクロソフト社がこの番組の企画を提示したものであるが、実際には取り上げられるソフトウェアは他社製品も分け隔てしないという当時のマ社からすると信じられない太っ腹ぶりだった。初期の放送枠は深夜2時台だったが、Windowsの普及に伴い番組枠が23時枠へと移動し、windowsXP発売時には初のゴールデン進出を果たした。ゴールデン放送の初回は、5時間の生放送(TBS系、17時~22時)だった。この生放送の司会はビル・ゲイツであった。

内容[編集]

視聴者は、使用しているソフトウェアの不具合を見つけたら、「○○というソフトをこう使っていたら××のような目に遭った。不具合だぞゴルァ!!」と番組に投稿する。

スタッフは、投稿された不具合の中から、特に再現性が高くかつ強烈なものを選び出し、実際にそのバグを再現してその場面を収録する。 再現シーンは当時は俳優アイドルを起用した実写だったが、今日では客層の趣味の関係から主に京都アニメーションが制作したアニメとなっている。

番組では、当該製品の担当者を実際に出演させて、その人の前で制作した再現シーンを流す。 それを観た出演タレントたちは、その不具合について担当者と問答をし、その結果担当者が不具合を認めて謝罪したら、当該問題の投稿者は最大100万円の賞金を獲得できるというものである(投稿者勝利時の賞金額は、スタッフが不具合の重要度によって決め、再現シーンの冒頭にてテロップで提示される)。

逆に、担当者が投稿者に非を全面的に押し付けることに成功した場合、その担当者と所属会社に最大1億円の賞金が出されることになっている(基本的に投稿者への賞金額の100倍だが、この倍率は担当者がどれだけ非を認めずにいられたかによって出演者により判定される)。 当然、簡単に頭を下げるような担当者が登場することはなく、投稿者の使い方の問題やら動作環境の問題など次々と挙げ、それでもダメなら伝家の宝刀「それは仕様です!!」など、さまざまな言い訳で謝罪を回避していく様は、エクストリーム・謝罪番組と見紛うほどである。

なお、出演タレントには、再現シーンだけでなく、投稿の内容も渡されるので、如何に出演者が担当者に突っ込み易くできる文章を投稿できるかも勝利の鍵となる。

さぁ、あなたは担当者の決め台詞「それは仕様です!!」を撤回させて謝罪させることが出来るか!?

スポンサーの変遷[編集]

当番組は、放送開始当初はマイクロソフト社単独スポンサーであったが、近年では幾つものソフトウェア会社が提供している。 2002年(平成14年)にはスクウェア(現:スクウェア・エニックス)が2社目のスポンサーとして参加。当時不具合で世間をにぎわせたファイナルファンタジーⅩⅠ特集も組まれ、絶大なる視聴率を稼ぐに至った。

現在では、パソコンソフトに限らず、家庭用ゲーム機のソフトウェアも俎上に上がるためか、ゲームソフト専門会社も提供するようになった。 ただ、その結果放送時間が足りなくなっているという問題も生じているのだが。

勿論、ゴランノスポンサーも黙ってはいないことは言うまでもない

関連事項[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「それは秘密です!!」の項目を執筆しています。
おそれいりますがこのままちょっとお待ちください.jpg この番組「それは仕様です」はまだパイロット版です。
実用化に向けて更なる検討を必要としています。 (Portal:スタブ)