それでもボクはやってない

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

それでもボクはやってないはシリーズ物の日本映画である。最新のものは、それでもボクは(手淫を)ヤってないである。

歴代のそれでもボクはやってない[編集]

156年[編集]

hydeが自分の身長が伸びないことを悔やんだときの言葉として知られている。

239年[編集]

  • それでもボクはしていない
弥生時代に邪馬台国で上映。テーマは亀卜。「それでもボクはやってない」の原点である。

894年[編集]

  • それでもボクは遣ってない
遣唐使についての作品。菅原道真が映画スターになりたいがために作られた。

1932年[編集]

  • それでもボクは爆破してない
オール満州ロケを敢行した超大作。お笑いコンビリットン調査団の初主演作でもある。

1945年[編集]

  • それでもボクは殺ってない
チビ男デブの言った言葉。大量殺人ではなくあくまで平和のためだったと言い張っている。

1976年[編集]

  • それでもボクは貰ってない
田中角栄小佐野賢治主演。サブタイトル「記憶にございません」は、その後のエクストリーム・謝罪の代名詞となった。

1995年[編集]

  • それでも私はやってない
潔白だ~

1999年[編集]

  • それでもボクは打ってない
テーマソングは槇原敬之氏。2002年に田代まさし氏監修の元にリメイクされた。

2000年[編集]

  • それでもボクは殺ってない
ヒヒヒ・・・

2002年[編集]

  • それでもボクは盗ってない
主演したあびる優アカデミー賞主演女傑賞部門でノミネートされた。2005年に主演にアニータを起用したリメイク作品が公開される予定だったが、誰が見るんだ?と言われ計画倒れに。

2003年[編集]

  • それでもボクは哉ってない

2004年[編集]

  • それでもボクは演ってない
役者達のストライキを題材にしている

2005年[編集]

  • それでもボクは椰ってない

2006年[編集]

  • それでもボクは犯ってない
ホセマヌエル・トレス・ヤギ主演。多くの波紋を呼んだ。
  • それでもボクは撃ってない

2007年[編集]

  • それでもボクは(核実験を)やってない
  • それでもボクはヤってない
後述

2008年[編集]

2009年[編集]

  • それでもボクは逝ってない
偉大なるスターの(ファンへの)天国からのメッセージ

最新作ストーリー[編集]

手淫を親に見られた内弁慶の中二が、「俺はやってないって!やってないって言ってんだろう!」と必死に否定し、最後は家出してしまう。もちろんここでの家出は、家で出す「家出し」のことではなく家から出て行くことである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「それでもボクはやってない」の項目を執筆しています。