そういうこと

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

そういうことというのは、そういうことなのである。 つまり、あまりよく説明できないが、そういうことなのである。 どういうことか聞かれたらそういうことなのである。

概要って…ああ、そういうことね。[編集]

そういうこととは、うまく説明できない人が説明するとき(例えば先生に質問されたとき)、適当に終わらせたいとき(例えば男が女に別れを告げるとき)、もしくは嫌いな奴に説明するとき(例えば秀才君がガキ大将に説明するとき、)など色んなときに使える便利な単語なのである。

利点[編集]

  • 相手が納得しなくてもその場を離れることが可能。
  • 場合によっては話が通じる。

欠点[編集]

  • ほとんどの場合相手は納得しない。
  • 裏切り行為でさえある。
  • 自分が馬鹿ですといってるようなもの。
  • 話が通じないことがある。

セットで使うと便利な言葉[編集]

これらと「そういうこと」をセットで使うと便利な言葉になる。

  • だからさあ
なにそれ?と言う相手に使うと、相手は納得しなくてもこっちが離れるのをただ見てるだけで引きとめはしない。
  • わからない?
分けわかんないという奴に使うと、「お前は空気読めないの?」と馬鹿にする口調になる。
  • まあ、君には通じないか
  • 君にはわからないよね
  • 君にわかるかな?
この三つは「わからない?」の応用パターンである。使うと高確率でその場を離れられる。
  • わからなくても結構
離れたいというオーラバリバリ。相手は引き下がるより道がない。
  • そんなことわからないのは君だけだ。
結局は「君以外みんなわかっている」ことである。

関連項目[編集]