せんとくん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「せんとくん」の項目を執筆しています。
「これはねえ、やっぱり狂ってますよ。このせんとくんは。
顔見てご覧なさい。目はつり上がってるしね。顔がぼうっと浮いているでしょ。
これ気違いの顔ですわ」
せんとくん について、塩爺
せんとくんの姿。
県民の評判は芳しくない。

せんとくん (戦斗君、別名: 鹿坊主、鹿角童子 (ろっかくどうじ)、蒼角王子(デルトロ)、TKO木下、奈良のアレ 2008年2月12日 - ) は、2010年奈良県が開催する平城遷都1300年祭マスコットキャラクターである。地方公務員にして、ブッダ鹿トナカイサンタクローストルコ風呂と福原京と平清盛とマセガキと聖闘士座敷童サタンキリストヤハウェアラー税金浪費、そしてフリーチベットの象徴として、全世界を支配する偉大な帝王となることが運命づけられている。

キモ・キモチワルイ・キャラとして2008年初頭を象徴する存在になりつつあるが、本来注目されるべき2010年より2年も前に話題のピークを迎えてしまうという致命的なミスを犯している時点でマスコット失格である。「Key半島」の中央に鎮座する奈良県にとっては他府県(特に和歌山県)との差別化をしたかったらしい。

せんとくんを巡っては、複数の団体が「対せんとくん用戦略兵器」の開発を宣言するなどして、不必要なまでの盛り上がりを見せており、「平城遷都1300年祭」が「第一回せんとくん祭り」に取って代わられるのも時間の問題と見られている。

容姿[編集]

その姿を簡潔に表すなら「トナカイの角の生えたリトル・ブッダ」である。

あまり私を怒らせないほうがいい。

必殺技[編集]

その角からもわかる通り、せんとくんは牡鹿なので秋になると繁殖のためにメスを巡って他のオスと激しく争う。 その際に役に立つのが、その立派な角と眉間の白毫 (びゃくごう)である。

角ドリル
せんとくんの角をよく見ると、実はせんとくん本体と接触していないことがわかる。何と、せんとくんの角は超伝導によって常に浮遊しており、その角は戦闘の際には光速の90%の速さで回転して敵の皮膚を引きちぎり内臓をぶちまけるのだ。そのおぞましい光景を目にした奈良県職員は翌年から繁殖期の前にせんとくんの角を切り落とすようになった。この伝統は今も「鹿の角切り」として脈々と受け継がれている。しかし、両脚の間にあると言われている、もう一本の角については、「切るべきだ」と「切るべきではない」との両論で未だに論争があり派閥争いまでしているらしい。いちげきひっさつ。
白毫光線
せんとくんの眉間にある白い毛の渦を白毫 (びゃくごう)と呼ぶ。せんとくんの眉間からは法輪光と呼ばれる微弱な光が常に出ているが、白毫の螺旋構造にはこの光を収束、増大させる効果がある。せんとくんがこめかみに指を当てて「白毫光線!」と叫んだ瞬間、白毫から100万度のコロナが放出されて周囲100万ヘクタールを焼き払いマグマオーシャンを出現させる。これこそがあの有名な「若草山山焼き」の起源である。せんとくんはこの技を会得する為にウルトラセブンの下で厳しい修行を行ったという。

強敵(とも)[編集]

せんとくんの必殺技。

せんとくんには、二人のライバルがいる。「まんとくん」と「なーむくん」だ。 まんとくん、なーむくんは、せんとくんを強烈にライバル視しているが、当のせんとくんは余裕の構えを見せており、彼らの事をどう思っているのかは未知数である。

まんとくん[編集]

まんとくんは、せんとくんのキモさに対抗すべく開発されたゆるキャラである。せんとくんに比べてインパクトに欠ける容姿を補完すべく、女性器を想像させる強烈な名前が与えられた。

期待を裏切る能力と、負けん気はせんとくん以上のものがあるが、それ以外はその辺のゆるキャラの二番煎じである。

もしかして上手に調理したら、非常に美味しい鹿肉が食べられるかもしれない。

なーむくん[編集]

なーむくんは、せんとくんの不謹慎さに対抗すべく僧兵集団「二六会」から遣わされた刺客である。その開発は十輪院の地下実験施設で秘密裏に進められたために、平城遷都1300年祭マスコット問題はなーむくんの存在を無視して進展し、登場した時には問題のほとんどはほぼ解決してしまっていた。モデルは、あの聖徳太子の少年時代とのことだが、当の聖徳太子からしてみたら、そして父親の用明天皇からしてみたら、「なんだこのガキ、めちゃくちゃうさんくせーな」と言うことで一刀両断されそう。

通称「誰、あれ」。

空気を読まない能力はせんとくん、まんとくんを凌駕する。 なーむくんの放つグダグダなオーラには、想像を絶する速さで場の勢いを削ぐ力があり、その能力は、マスコットに関して躍起になっていた人々に「もうマスコットなんて何でも良いや」と思わせるほどである。

このマスコット問題が流血の事態に至らなかったのは、なーむくんのグダグダオーラのおかげであると言っても過言ではないが、この功績が評価されることは決してないだろう。それは、妙な形でモデルにされてしまった聖徳太子の呪いかもしれない。

思えば公式サイトでせんとくんに宣戦布告し(実話)、イベントで同席した際も「奈良のために協力するのであり、せんとくんを許したわけではない」と明言する(実話)など、KYに始まりKYに終わった彼であるが、騒動が過ぎた後も二六会のマスコットとしてちゃっかり法事を仕切るなど(実話)ゴネ得し、突き抜けたKYぶりは一周して美徳となることを証明した。

声優[編集]

せんとくんの声は普段は出ないのだが、ちゃんとした声優がいる。正式な声優はTKOのあの人。

愛人(ラ・マンヌ)[編集]

中将姫に似た女のコのマスコット「蓮花ちゃん」が誕生。せんとくんの彼女役として立候補したようだ。しかし、最終的にはなーむくんが彼女をかっさらっていきそうな予感がするのは単なる思いすぎ・考えすぎの類であろうか。むしろ、せんとくんには孝謙天皇をモデルとしたもっと色っぽい女のコのマスコットを彼女にさせた方が良さそうだ…
え? これって、道鏡と女帝を想起させるって? 知るか!


え? せんとくんのくせに... 彼女を振りやがったか!!!


他に聞いたところでは…


え? せんとくんのくせに... 正式に告白されただと???

関連項目[編集]

Quqpacmanlogo3.png
せんとくんが放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/キャラクター」へ収録されています。