すき焼き

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

すき焼き(-や-)とは、明治時代に開化した賄い料理である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「すき焼き」の項目を執筆しています。

概要[編集]

すき焼きは浅鍋に水を張り、野菜こんにゃくを入れ込み煮るという賄い料理である。現在でこそ一家のが腕を奮って作るご褒美の形態をとっているが、古来のすき焼きは料亭であまり用いることのなかった浅鍋を使ってあるだけ余った野菜を煮るものであった。現在は入れる食材も限定され、人参玉ねぎじゃがいもしらたき、そして牛肉という入れ方が一般的である[1]。よく煮た各々の食材を手元の取り皿に出して食すことが大衆的ではあるが、具材が少なくなるとご飯を入れて雑炊にすることもある。

変化[編集]

前述の通り、すき焼きは賄い料理であった。江戸時代以降、五街道の宿場町には料亭が所狭しとひしめいていた。一方で料亭に従事する従業員のご飯はあまり保障されず、在り合せの食材で自らの食事とした。その際、調理にあまり用いられなかった浅鍋が使われ、適当な食材を煮て食べるという行為をするようになった。これがすき焼きの語源とされ、好きな食材を焼き煮することよりこの名前がついたと考えられている[2]。この賄い料理は広く伝わり、全国で多様な食材を用いて食べられたとされている。

しかし明治時代、これは一級の料理として華々しく登場する。これこそが牛鍋である。欧米から運ばれた牛肉を食材に加え、ちょっと洋風な鍋料理として東京を駆け巡った。これにより一介の賄い飯は店の主役料理に上り、文明開化の若者の代名詞としてクレープタコスとともにその名前を刻んだのである。現在では牛丼といったすき焼きを応用したものもあり、牛丼からさらに発展したビビンバ丼や親子丼など手軽に簡単に食べられる、まさに昼間の賄い料理が食べられている。

玉子決戦[編集]

さて、江戸時代の役職であった鍋奉行は明治時代になり、広く民間に普及する事となったのである。そのうえでまず標的としたのはこのすき焼き、牛鍋であった。まだ食材も食べ方も確立していなかったこの料理に、新しくルールが持ち込まれたのである。様々なルールが出来たが、現代でも残っていることとして挙げられるのは玉子を入れるか入れないかであろう。生玉子を鍋に落とすという大胆な行動は賛否両論を生んだ。鍋奉行は大抵玉子を落とすことが多いが、他の人びとから文句を言われ一緩着あるという光景は日常茶飯事ともなりつつある。現在では贅沢ながら一人一人の取り皿に玉子を落せばいいという考えにより抗争は起きていないが、もしこのことについて選挙があればきのこたけのこ戦争に並ぶほどの熾烈な争いが起きる可能性は否定できない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、地方によってシラタキが糸こんにゃくになっていたりと、日本の中でも差異があるようだ。
  2. ^ この時、同時に好きな食材を茹でて食べるという行為はしゃぶしゃぶという料理へとつながっている。