じめんタイプ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

じめんタイプとは、ポケットモンスターに登場するタイプの一種。一般的にアース線のようなものであり、電気を受け流すが湿気と植物に弱い。

概要[編集]

じめんタイプはポケットモンスター内に数多く存在するタイプの中でも、電気鼠などの対策に秀でている事から、でんきタイプキラーとして確固たる地位を築いている。一般的に電気が地面に弱いというのは一種のアース線的イメージを元としているが、アース線は完全な電気伝導体であるためイメージ通りだとするのであればおそらく外観に変化はなくとも内部に内臓などが存在する場合著しく損傷している可能性がある。

また、電気に対する高い耐性と共に水と植物に酷く弱い。何故地面が水に弱いのかはまったくもって謎である。あわに当たるだけで絶命に至るケースもあるため、水蕁麻疹を始めとする水に触れるだけで損傷を負う奇病に侵されている可能性は否定できない。なお水蕁麻疹は一般的に水アレルギーと呼ばれるが、実際には皮膚疾患であるためアナフィラキシーショックなどが原因である可能性は低い。

水に弱い?[編集]

そもそも地面とは文字通りの大地、Earth的な意味合いだと考えられる。ともすれば雨が降る度に地球上で甚大な被害を被っているはずなのだが、そんなはずは無いのでもしかすると大地としての意味合いとは違う可能性がある。じめんタイプというものを『地』という概念で考えた場合、『地』には社会的な意味合いとして立場や境遇、身分などを表すものである。そのため、じめんタイプがみずタイプに弱い理由としては「じめんタイプよりもみずタイプの方が立場や身分などが上である」とする説明が成り立つ。

このじめんタイプとみずタイプの関係性からポケットモンスターの属性による相互関係は「社会的な立場による優位性」で決まっている可能性が浮かび上がる。これはポケットモンスターは「目上には絶対に勝てない」という縦社会を徹底的に子どもに対して刷り込む教育効果を狙ったものであると考えられる。しかしながら、じめんタイプ側からのみずタイプへの攻撃相性は「普通」である。これは一見してじめんタイプ側にも勝機があるように思えるが、残念ながらそれはあまりにも儚い希望であり、じめんタイプ側がみずタイプを攻撃したが最後、みずタイプ側からの痛打によってじめんタイプは屈する事はほぼ確定事項である。目上に勝てそうな状況というものの大半は、現実的に見て実は勝ち目の薄い罠である事が多い。ポケットモンスターの戦闘は、社会の縮図そのものである。

なお、平社員のじめんタイプは部長のみずタイプに対してそれなりの攻撃力があるが、社長のひこうタイプに対しては一切の手出しが不可能であり、上下関係の厳しさが伺える相性である。

関連項目[編集]