しょうがない

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「しょうがない」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

しょうがないとは、絶体絶命に陥った際につぶやく絶望の言葉。呪文の一種であるが、使い方を誤ると自爆してしまう諸刃の剣である。有名な使い手は久間章生

概要[編集]

圧倒的多数に攻め込まれた、締め切りに間に合わない、裏切られた、など、その人にとって危機的な状況において、タメ息とともに出る言葉である。周囲に観客がいる場合、「同情を得られる」、「協力を得られる」というメリットがある。

しかし、安易に使用すると批判の嵐に襲われるので、注意が必要である。次項では、その典型を紹介する。

「原爆投下はしょうがない」発言[編集]

久間章生の最も有名な一言。ただし、誤解に基づくものと言われ、同情説が一部にある。

「原爆投下はしょうがない」
1945年8月は、制空権も失い、日本はボロボロだった。制空権がない以上、原爆投下はしょうがない
「沖縄占領はしょうがない」
理由は同上。
「長崎市長銃撃事件はしょうがない」
補充がきかないと、共産党の市長が誕生してしまう方が問題(市長は死んでもしょうがない)。

応用[編集]

哀れみの眼差しとともに使用されるケース。「~だからしょうがない」と表現する。

「この『しょうがない』の項目書いたヤツって、本ッ当~にしょうがないな」

さらに高度な使用例として「ワサビはあるけどショウガない」といった、巧妙な言葉繰りを伴うことで、周囲の温度を数℃下げることができ、地球温暖化に対抗することができる。

関連項目[編集]

この項目「しょうがない」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)