しまかぜ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この記事は怪奇な自然現象について記述しています。
船マニアの方々は海上自衛隊をご覧下さい。
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事「しまかぜ」立派なクソですが、もっとクソにして下さる協力者を求めています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「しまかぜ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「近鉄50000系電車」の項目を執筆しています。

しまかぜ(英:Wind to Shima)とは、関西地方中京都イオン共和国南部の志摩半島との間を週に6回行ったり来たりする怪奇なのことである。

概要[編集]

しまかぜの被害の様子

名古屋地区、阪神地区と志摩半島の間を行ったり来たりする風である。風と言っても半端な風ではなく、風速は約36.1m/sの恐ろしい暴風である。そのため台風竜巻より恐れられており、三重県や奈良県の人口が増えないのはこの暴風の通り道であるためだと言われているほどである。

特徴[編集]

この風には怪奇な特徴がいくつもある。下記はその一部である。

  • いつも午前10:30頃に志摩半島に向かって吹き始め、あたりを荒らしたのち、12:30頃に同じルートで帰り、再び同じ場所を荒らす。
  • 三重県の四日市市伊勢市鳥羽市志摩市と奈良県の橿原市中心部ではなぜか弱まる。
  • なぜか水曜日には止む。

歴史[編集]

現在の研究では、少なくとも約1億4000万年前の白亜紀前期から吹いていたとされる。その証拠に、日本の恐竜の化石の多くがこの風の風上に位置する福井県岐阜県で発見されている。これは恐竜またはその化石がこの風によって飛ばされていたことを示している。 平安時代にもやはりこの風は吹いており、清少納言はその代表作である枕草子にしまかぜが吹き抜けた後の有様について次のように書き綴っている。 「立蔀、助垣などの乱れたるに、前栽どもいと心苦しげなり。大きなる木どもも倒れ、枝など吹き折られたるが……」 昭和時代にもやはりこの風は吹き荒れていた。歴史的大災害となった1958年の伊勢湾台風を伊勢湾に押し込んだのもこの風である。 そして現在もこの風は吹いている。

しまかぜの利用[編集]

21世紀の科学技術の進歩により、この厄介な風も人々の生活に利用されつつある。この風による大量の発電が可能であるため、通り道となる津市の久居地区や榊原地区、青山高原には大規模な風力発電施設が作られている。また、近畿日本鉄道が製作した世界初の列車型グライダーである50000系はこの風に乗って走る。運航開始は2013年3月21日。

関連項目[編集]

ひよこ この項目「しまかぜ」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)