さかなクン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「さかなクン」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハコフグ」の項目を執筆しています。
「ギョギョギョ!!」
さかなクン について、さかなクン
「じぇじぇじぇ!!」
さかなクン について、能年玲奈

さかなクンとは、オカマ科の回遊魚の一種。唯一日本語を理解する魚類であり、最ものことを知っている。

上陸まで[編集]

若き日のさかなクン

さかなクンはハコフグであり、長く海中で暮らしてきた。もともとは珊瑚礁に棲んでいたが、旺盛な知識欲から回遊魚になることを決心し、以後日本近海を中心に世界中の海を泳ぎまわる。ハコフグは越冬することが難しく成魚になることが稀であるが、さかなクンは日本で冬が来る前に赤道近辺やオーストラリアまで泳いで行くなどして越冬を重ねて生き延びた。2008年2月、ハコフグとしては驚異的とも言える33回目の越冬を経た。

大航海時代オウムと同じように、世界の海を巡ったさかなクンはいつしか人語を理解するようになった。とりわけ日本近海にいることが多かったため、専ら日本語を話す。またルドルフとイッパイアッテナのように絵や文字を書くことを覚えた。12回目の越冬を迎えたころには魚類界ではかなりの高齢であり、その人生経験ならぬ魚生経験を生かして、気難しいカブトガニの育ての親にもなった。

また見識の高いさかなクンは人間による海洋汚染を懸念し、在陸特命全権大使として日本の首都千葉県への上陸を計画。そのへんを歩いていた宮澤正之を乗っ取り上陸を成功させる。栄養や酸素を宮澤の肉体から供給しているため、人間の寿命まで生きられるようになった。

最近は護星天使と共闘して海を護る姿も確認されている。

魚知識[編集]

さかなクンの全身像。宮澤正之をブレインコントロールし、生命維持を図っている。エラ呼吸もできるので水中で波紋が使える。

特命全権大使としてさかなクンが先ず取った行動は、知名度を上げることであった。1993年にはTVチャンピオンの「全国魚通選手権」に出場する。水産庁や全国の水産試験場の研究員、水産大学の教員、水族館の学芸員など全国屈指の魚通が行く手を阻むが、長く回遊魚として四六時中魚を見てきたさかなクンに勝てるわけがない。かくして同選手権5連覇を達成する。唯一苦手としたのが魚の調理法であったが、これも猛勉強して数々の魚を食した結果その旨さにはまってしまい、現在ではハコフグを共食いするまでになっている。

圧倒的な魚の知識を買われて水産庁水産政策審議会特別委員を務める。TVチャンピオンで完敗した彼らはその借りを返そうと、審議会では様々な無理難題を突きつけるが、魚の知識で彼らがさかなクンに敵う訳がない。小泉純一郎首相(当時)も臨席した特別会合で首相は「へ~え、すごいね。もしかして前世は魚だったんじゃないの?」とコメントしたが、前世ではなく今現在が魚であったというエピソードが知られている。

さらに東京海洋大学客員教授も務める。本来客員ならば教授でいいはずだが、同大学の規定には「(前略)本学学生の教育にとって有意義と認められた場合、そのを客員教授に任命することが出来る」と書かれている。魚であるさかなクンはこの規定に引っかかってしまったため、大学ではもともと規定がなかった客員准教授という肩書きを新たに作って任命した。

2010年に護星天使と共闘する前後に、日本中のマスから絶滅種のクニマスらしい奴がいると聞き、本人(魚)に聞いて確認したものの、それでは学会には認められないので、回りくどいことに本人(魚)を学者のもとに連れて行き、人間界での70年ぶりのクニマス発見に寄与した。後にブルーギルを放流し日本の生態系を崩したことで有名な明仁天皇より「よくやったさかなクン」と評され、NHKより「さかなクンさんの功績が偉大です」と意味不明な供述をされ困惑したという。

行動[編集]

さかなクンの行動はオーバーアクションで知られる。奇声を発し床を転げまわることは日常茶飯事であるが、海の中では3次元的に動いていたことを考えるとおとなしくなったほうだと言うことができる。

絶叫ともとれる甲高い奇声は最大の特徴である。もともと海にいたころは超音波で仲間との連絡や敵の探知を行っていたため、現在はかなり努力して周波数を下げて人間の可聴音域にしているらしい。我々から見るとまだまだおかしな声だが、さかなクンなりに頑張っているのだから大目に見てあげなくてはならない。

また、さかなクンは高地が苦手であり高尾山(標高:599m)に登山をした際、呼吸器官を損壊。それ以降は高地に上ることは無くなった。普通の道の上り坂ですら「この勾配は平気か…」と考えながら歩いているという。

偽さかなクン[編集]

元横浜市長の中田宏がさかなクンと同一人物であるといわれているが、よしもと水族館オープンの折に、二人で顔をあわせ別人である事が判明している。ところが、中田はたまたま見たIWC総会での反捕鯨団体の変態行為に激怒して、以来非常に感情的に捕鯨再開を訴えているが、これは「自然の事だから…」と鯨を間引くのに慎重な姿勢を示している、さかなクンと対極の姿勢である。つまり二人は闇と光の対極の関係にある。これは中田宏市長の正体はさかなクンの生命維持装置の失敗作で、放置されていたところをテラーマクロに回収されて、元横浜市長になった事実が推測され、今後さかなクンと成り代わる可能性も秘めている。また、与党の鳩ポッポ総理に対抗して、博覧会の失敗に対する責任を丸投げし、悪の組織大ショッカーを立ち上げる予定である。 S市杜王町に海洋学博士でもある帽子を被ったそっくりさんが目撃されている。

いじめられている君へ[編集]

以下はさかなクンの伝説的なメッセージである。あまりにも酷な文章は朝日北朝鮮諜報員に大打撃を与えた。

広い海へ出てみよう 東京海洋大客員助教授・さかなクン

中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。

でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。

エピソード[編集]

  • 「歩く魚類図鑑」と呼ばれることもあるが、本人は「歩いてないです。泳いでるんです」と反論している。
  • 好きなアニメサザエさんであり、次いで美味しんぼである。
  • 浜崎あゆみが「あゆ」と呼ばれているのを知って「私は海水魚の大使です。あなたは淡水魚の大使ですか?」と尋ねたことがある。
  • 情報源は定かではないが既婚説が実しやかに囁かれている。「さんまのまんま」にゲスト出演した際に未婚であることや、異性に対してウブであるところや必死で魚の話に逸らそうとするシーンが放映されたが、それでも一部の者からはギミックと見られている。なお、さかなクンの声は普段甲高いが、女性を口説くときは普段の声からは想像もつかないような太い声を出すと言われている。高田純次が言ってるんだから間違いない。

全盛期のさかなクン伝説[編集]

  • 父親は囲碁棋士。さかなクンさん自身の棋力もプロ棋士レベル
  • 「左ヒラメに右カレイ」というヒラメとカレイの見分け方を発見したのはさかなクンさん(小4の夏休みの研究)
  • 中学時代は水槽学と間違えて吹奏楽部に入部。しかしソロサックスで金賞受賞経験有
  • 中学校3年生の時に学校で飼育していたカブトガニの人工孵化に成功
  • TVチャンピオンで5連覇して殿堂は序の口
  • さかな漢字258文字検定1級保持者(1級の合格者は2010年現在でさかなクンさん一人だけ)
  • 魚を食べる事に関しても大好きで、ひそかにギネスの「人類で最も多くの魚類を食べた」記録保持者(3228種)
  • 浜崎あゆみに対して「【鮎】という魚の偉大さとは不釣り合いだから改名しろ」と一刀両断
  • ディスカバリーチャンネル、「深海の謎を追え」ではイギリスの潜水探査船チームからも名前が上がるほど(該当タイトルなし。「DEEP SEA -生命誕生の真実-」が放送時「深海の謎を探る」。ただ、1998年制作なので可能性低。)
  • フグの毒、テトロドトキシンに対して抗体が出来ているただ一人の人間としてWHO(世界保健機関)に記録されている
  • さかなクンさんの初代本体(上の帽子)はサザビーズオークションに出品され、約340万円で落札された(落札金は全額寄付)
  • 松方弘樹が巨大クロマグロを釣り上げたのは有名だが、それを落札したのはさかなクンさん
  • 釣りバカ日誌には初代から特別監修としてさかなクンさんの名前(本名)が載っている
  • 実は現存の約1割の魚の発見者がさかなクンさん。
  • さかなクンさんが小さくガッツポーズをしただけでクジラが潮を吹いた
  • さかなクンさんの事を呼び捨てに出来るのは2000年の王家の血筋の人達だけ
  • 最早さかなクン様のレベル
  • 本気をだすときは真の姿になる。しかしこれを見てかえって来たものはない。

※ただし、寄生している人間に関することも含まれているため、正確なことは不明である。

関連項目[編集]


Hito.png この項目「さかなクン」は、手抜き状態のため発狂寸前です。正気に戻すかもっと発狂させてください。 (Portal:スタブ)