さいとう・たかを

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「さいとう・たかを」の項目を執筆しています。

さいとう・たかを(本名:不明)は、世界を股にかけて活動する人物デューク東郷の生活を撮影する戦場カメラマンのひとりである。

特徴[編集]

世間一般の戦場カメラマンと違い、発表形式は漫画である。拠点は岩手県花巻市。

正しくは、東郷氏をカメラで撮影し、フリーソフト等で加工、編集を施し、噴出しにそのときの会話を書き込む、というカメラマンとしてはまさに外道な方法を用いている。この技法を使うことにより、写真展などに興味を持たない中学生などにも見てもらえる、などの利点があるが背景が漫画が売れるこの時代劇画という時点でもう無理な気がするが……

逆に問題点としては、口を開かずボソボソ…と喋る東郷氏の会話内容が聞き取れず、三点リーダが多くなり、読者が飽きること、あまりえっちぃシーンを具体的に書くとミロのビーナスではなくふたりエッチと同じ路線に走ってしまう可能性がある、高い画像編集スキルやソフトが必要なこと、などがある。

それを生かしてゴルゴ13という化け物漫画を描いているが、最近はさいとう・プロが分業制なのをいいことに自分はゴルゴの顔をかくだけで他はアシスタントにやらせるという内容にしてしまっている。 最近ではストーリーすら漫画のファンに丸投げしているという不誠実な事実を、テレビ番組で暴露してしまっている。どこが深イイんだ?

さいとう・たかを複数説[編集]

これは1980年頃(連載開始から約10年)から議論になっているもので、全国を縦横無尽に飛び回る東郷氏の生活をあまりにも細かく、昼夜を問わず追跡、撮影しており、「どう考えても漫画を書いている時間がない」、「同じ人が追跡していたら東郷さんに見つかってしまう」などという学者たちの意見が主な論拠である。

移動中の描写などが極端少ないことや、その他の研究から「さいとう・たかをは日本の岩手県花巻市に拠点を置く、全国規模でデューク東郷の監視、撮影および氏に関連する情報を収集する複数人の集団、もしくは団体である」というのが最近の多くの学者たちの一般的見解である。 また、規模から推測するにCIAFBI科学特捜隊などが関与している可能性があるが、これらは否認、もしくはノーコメントである。

国際政治評論家として[編集]

2008年、「ゴルゴ13 ファイルG13を追え」というゴルゴ13の近況を表したゲームを販売。
リベリアというアフリカの独裁国家・発展途上国を例に出し、発展国からの援助金が軍に使われているということを指摘。
また、日本におけるレアアースの中国依存も指摘。
あの国が(一応遠回しの表現だが)核外交と独裁国家の例として会話中に出てくる。
しかし、ゲームとしての評価は選択肢があまりにも少ないということで限りなく低くなっている。アマゾン参照

関連項目[編集]


キャプテン翼の例のアレ.jpg さいとう・たかを は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、さいとう・たかを加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)