さいたまの国歌

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

なぜか埼玉(なぜかさいたま)は彩の国さいたまの現在の国歌

概要[編集]

昭和31年3月1日、埼玉国(当時)議会において、国歌制定法案が可決されたが、ご当地ソング皆無の埼玉国においては候補作すら見当たらず、およそ四半世紀の間、放置プレイが続けられていた。時代が平成に変わり、ようやく正式な国歌として承認された。今のところ、彩の国さいたまの官公庁・公立学校などで歌唱されている。歌唱は、彩の国さいたま(旧・埼玉)が生んだスーパーボーカリストであるさいたまんぞう。タイトルは旧国名の「埼玉」のままである。

歌詞には「どこもかしこも みんな埼玉」「西も東も すべて埼玉」「北も南も すべて埼玉」、および「右も左も すべて埼玉」とあり、彩の国さいたまが世界征服の野望をもち、かつ右翼から左翼まで全員がさいたまに心酔することを国の目標とすることを宣言するものということができる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「さいたまんぞう」の項目を執筆しています。

国名変更と国歌変更[編集]

初期の彩のk(ryの国歌はさいたまCDに、収録されているが何処かにあると言われる幻想郷民に、訴えられ民事裁判モノになった。

この裁判に、彩n(ryは負け国歌を現在のなぜか埼玉に変更し、この事件は幕を閉じた。 と思われたのだが最近になって、彩(ry国民による集団投票で幻想郷カラオケ化計画を図っている事が報告され一触即発の空気が続いている。

楽曲[編集]

関連事項[編集]


Nodasori.jpg この項目「さいたまの国歌」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)